Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 維新回天・竜馬伝!

宝塚-宙組 / 維新回天・竜馬伝!

(2007/12/2に掲載したものをサルベージ)

宙組公演「維新回天・竜馬伝!-硬派・坂本竜馬III/ザ・クラシック I LOVE CHOPIN」を見て参りました。

実はタカラヅカの和モノは古代モノを除いてどーーーも(髪型と化粧が)苦手なので今回は見送ろうと思ったんですが、トップのお二人が今回一作限りということでやっぱりいってきました。ジュローデルが……(私の中ではジュローデルの人と認識している←ヅカ知識が浅いので)

見てきた結果、和モノもいけるかもしれないと心を入れ替えてしまいました(すぐこれだ)。いつも通りの何とも微妙な感想はこの続きに。

■竜馬伝
問題の坂本竜馬さんのお話。どんなもんかいなとある種の恐れと共に見始めたんですが貴城さんの最初の登場シーンでノックアウト。だって、竜馬がバラを片手に歌って踊ってるんですよ。竜馬とバラ……、私の中ではかなりアンバランスなのですが、貴城さんとバラと思えば非常にお似合いなので、もうこれでつかみは OKです(←アホ)。
さて、お芝居の内容自体はなかなかに良いモノだったと思います。めちゃくちゃシリアスな話と思っていたんですが、笑えるシーンが多くて意外でした。お刺身取られたりとか、変な公家とか、竜馬とか……。むしろこんなに笑っていいのかと心配してしまうほど。
そして純粋で、ちょっとやんちゃで若干田舎くさい竜馬が非常によかったです。貴城さんにはクールできりっとしている役(私の中ではジュローデル)がお似合いだと思っていたんですがこれもこれでなかなか。

■ザ・クラシック
竜馬で軍服が見られなかったけど、これでは必ず絶対に軍服姿を拝められる!(パンフレットより)と非常にヨコシマな期待を込めて鑑賞していた後半のショー、期待を裏切らずすばらしい軍服姿がきちんと拝めたのでこれだけでもうお腹一杯。欲を言えば、ショーの軍服はキラキラしすぎているのでお芝居の軍服の方が好きなんですが……、わがままはいってられません。
パンフレットでは、初っ端に「バトラーがクラシックとは何かを語る」とあったので、前の星組のダンディズムのごとく私のクラッシクの認識を根幹から揺るがす熱弁があるかと思っていたのですが、今回は割と普通だったのが少々心残りです(期待する場所がずれている)
ショパンの曲だけでなく、割と有名処のクラシックをふんだんに使ったダンスナンバーがかなりのりのりで楽しかったです。歌詞付きの名曲の数々もこれまたなかなかよく、特にお気に入りは序盤の「ノクターン」と終盤のサヨナラナンバーかなぁ。サヨナラナンバーはこれといって特に大ファンでもない私も思わずうるっときそうになってしまうような別れの曲でございました。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 維新回天・竜馬伝!

Search
Feeds
Meta

Return to page top