Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]WE WILL ROCK YOU

[ミュージカル]WE WILL ROCK YOU

(2007/1/7に掲載したものをサルベージ)

WE WILL ROCK YOU(オーストラリアキャスト版)@梅田芸術劇場を見てきました。

ある巨大企業が世界を牛耳り、自由に音楽を奏でることが禁止された近未来での物語。QUEENの名曲の数々をバックに展開される伝説の楽器探しの旅の行方は……という感じで、字幕ついてたけどなくても何となく分かるような気がする英語まんまのミュージカルでした。

大迫力でとにかくおもしろかった!というのがおおざっぱな感想。
これ書いてる今現在のBGMはもちろんQUEENのアルバムです(軽く洗脳されている)。

割と笑えるネタをネタバレしながらの超適当感想は続きに。

さて、出だしでは「字幕なくても」とか書いておりますが、やっぱりストーリーを細部まで全部理解できたという点では字幕はすばらしいですね!さすが字幕。遠い昔にミュージカル三昧をして遊びほうけていたときはおおざっぱな所しか理解できませんでしたが、今回は笑い処は全部笑えましたもん!(そりゃそうだ)

日本(大阪)公演特別バージョンの笑えるネタの数々にサービス精神を感じました。
虎を暴れさせる「六甲おろし」。たしかにこれは禁止しなくては危険です(笑)。他にもハンカチ王子とかアルマーニじゃなくてアオヤマだよと細部に笑えます。これはいいおまけです。
ただ、全部がっちりと字幕がついているのでアドリブがないというのが寂しいところでしょうかね。……、アドリブ言われても何を言っているか分かりませんけど、でも生舞台の醍醐味はアドリブだと思っていたりします。

皆さん歌がうまくて思わずほれぼれ。今回も女性陣の歌声にしびれました。ヒロインとキラークイーンはとにかく大迫力ですごかったです。聞いていて気持ちいい~。
歌のすごさと盛り上がりに、ギター見つけて歌ったらいつの間にか物語が終わっていたのには少々疑問が残りますが(いいのかキラークイーン)、そこらへんはあの盛り上がりからするときっと些細なことなのでしょう。
本編が終わった後のロックコンサートのごとくのナンバーの数々が一番楽しかったかもしれません。舞台と会場が一体となってその場を楽しんでいる雰囲気がとても良かったです。

Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]WE WILL ROCK YOU

Search
Feeds
Meta

Return to page top