Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]四季-オペラ座の怪人

[ミュージカル]四季-オペラ座の怪人

久しぶりに劇団四季のミュージカルを見てきました。前回が初四季で、見たのは数年前のアイーダとほぼ初心者でして、人生二度目の四季。

大阪でしばらくやっとるうちに見とかんとなぁと思って見てきたんですが、見に行けてよかったです。ばばーんとおなじみの主題歌(オークション会場→オペラ座に復活するときに流れるあの曲)に背筋が寒くなりました。やっぱりあの曲は苦手みたいです。暗いし怖いねん……。初めて生で見たときの恐怖がよみがえります。
友達の友達の四季好きの方にチケットを押さえていただいたので、2階とはいえ中央のよいお席で見られたので大迫力でした。怪人が上でちょろちょろいらんことしてるのもばっちり目撃できましたし。


あらすじは超有名なのではしょるとして、このオペラ座の怪人はロンドンバージョンでもブロードウェーバージョンでも怪人の報われなさが涙を誘います。しかしその一方で、どう考えても横恋慕というかストカー気味の怪人の行動に笑いを禁じ得ません。いや、悲恋というか寂しい話というのは分かってるんですけどね、神出鬼没ぶりが……。

舞台と映画、えーごでしか聞いたことのなかった曲を日本語で聞いて、歌の意味がストレートに分かるってすばらしいと違う意味で感動しました。「しぃんくぉぶみー」とか「ぽーいんとおぶのーりたーん」とか、英語で聞き慣れたところが日本語な所は違和感でしたが(笑)。

さすがの四季のミュージカルだけあって、みなさんお歌が非常にお上手で大迫力ですごかったです、が、歌の所でないところのせりふの独特さはちょっと個人的にはマイナス、かもしれません。噂の四季発声方法とやらで、確かにはっきり聞こえて聞き取りやすいのはいいことだと思うんですけどたまに学芸会棒読みチックに感じる面もあったので。普段見ている某歌劇は逆に感情込めまくりでこちらの方式になれてないから違和感を感じるのでしょうが、なんとも。

あと、もう一つのマイナス面。今回は何も考えずにいつもの観劇グッツ(めがね+双眼鏡)を完備していったのですが、双眼鏡はもっていかなった方がよかったかな、と。持って行ったら使いたくなるのが人の性。王子ポジションの子爵のちょび髭に、ちょっとおっさんくさいところに気付かずにすんだのに……、その他にも若干気付かずにいた方がしあわせなことも何点かあり、目的別に観劇グッツは取捨選択が必要だと思いました。

まあそんなこんなで。また大阪か京都に見に行きたいなぁという演目がきたら見に行きたいと思います。某歌劇と違って、四季は結構高いんだ……。一公演ながいしな……。

Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]四季-オペラ座の怪人

Search
Feeds
Meta

Return to page top