Home > 作者名 さ行 | 本の感想 > アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 / 須賀しのぶ

アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 / 須賀しのぶ

東京の沖合にある神流島に住む中学二年生の陽菜は、周囲から浮くことなくできる限り毎日を平穏に過ごすことに腐心して日々を暮らしていた。そんな彼女の唯一の癒しは、彼女の歌声に反応して現れる謎の存在”マリア”だけであった。恒例の軍事演習で疲れ果て陽菜は学校帰りにマリアに会いにいつもの森に向かい、そこで不思議な少年と出会った。

天使病と呼ばれる謎の奇病が世界を脅かし、中学生から軍事演習が課される時代で、不思議な歌声を持つ少女と彼女の幼なじみ、そして彼女の前に現れる謎の少年がなにやらいろいろと大変な目に遭いそうなお話の第一巻。舞台となる世界は時代としては今くらいだけれど、病に感染したら次々人を襲っていくという天使病におびえ、そしてそれに対抗しようとする昭和の時代から道が分かれたパラレルワールド。

とにかく暗い・酷い・容赦ないの展開に須賀さんってやっぱりすごいなぁといろんな意味で感心してしまいました。せっかく持ち上げたと思ったらそんなところで安心してはいけませんよ、ということをすっかり忘れてました。最後まで目が離せません。
前シリーズのヒロインが脳天気でポジティブシンキングの固まりだっただけに、今回のヒロインとの落差に思わず唖然。いやまあ中学二年生という微妙なお年頃ならアレもありかなぁとか思いながらも……、あまりにもうじうじっぷりに思わずえーいうっとうしいと叫びたくなるくらいのヒロインでした。しかし、このうっとおしさにもかかわらず最後まで投げずに読めたのはやはり須賀さんがうまいからだなぁと思ったりもして。

展開の容赦なさと登場人物それぞれのバックなど最後までひっくり返りまくりで目が離せないことの連続だったので、続きも楽しみです。陽菜の周りには二人の少年、秀才型幼なじみと天然型不思議少年がおりますがこの二人が今後陽菜の成長にどうか変わってくるかが楽しみですね。最後の方ではどちらか片方がお星様になってしまいそうな気もしてしまいますが(す、須賀さんだし……)、とりあえずこの先が気になります。

imgアンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
須賀しのぶ/駒田絹(イラスト)
ISBN:978-4-08-601136-5
集英社コバルト文庫(2008.03)
bk1/amazon

Home > 作者名 さ行 | 本の感想 > アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 / 須賀しのぶ

Search
Feeds
Meta

Return to page top