Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > アネットと秘密の指輪 お嬢様のおおせのままに / 雨川恵

アネットと秘密の指輪 お嬢様のおおせのままに / 雨川恵

母親の形見である指輪を奪われそうになったアネットを救ったのは、下町には似つかわしくない一人の青年だった。そしてその数日後、とある弁護士が伯爵家の跡継ぎだとアネットを迎えにやってきた。伯爵家ではアネットを救った青年が執事としてアネットにお嬢様教育を施してくれるのだが……。

姫様超プリティー!なアダルシャンシリーズ完結後の雨川さんの新シリーズは、下町育ちのお嬢様アネットと謎な執事のなんともいい感じの執事モノです。
アネットの元気の良さとまっすぐさ、そして執事の執事っぷりがすばらしいお話でございました。わりとまったりとお嬢様レッスンな話なのかなぁと思っていたんですが、ラスト近くになってお話がわりと壮大なところへ行きそうなのは予想外。今回の騒動の決着がついの着地点はちょっと釈然としないかも(特に執事関係)と思ったりもしますが、それ以上に執事とお嬢様なので!あとはノリのいい弁護士も結構好きです。執事と友人とか書いてある割にあんまり友人っぽくなかったのですがそこらへんは次以降なのかなぁ。執事に恋したお嬢様と、お嬢様に実はくらくらきてるでしょう君!な執事の恋の行方も次以降要注目ですね。

・執事とお嬢様
・イギリス・ロンドン風
この二点にぴんと来る人は読んで損はないかと。というか、ロンドンなのであんまり全面には押し出してないと思うんだけどロンドン風なところが舞台であることはもっとアピールすべきだと思います。私のようなぬるいイギリスロンドン好きにはたまらない舞台設定です。

imgアネットと秘密の指輪 お嬢様のおおせのままに
雨川恵/風都ノリ
角川ビーンズ文庫(2007.5)
ISBN:978-4-04-450710-7
bk1/amazon

Trackbacks (Close):1

trackback from 空夢ノート 08-06-11 (水) 21:05

『アネットと秘密の指輪 -お嬢様のおおせのままに』の感想

『アネットと秘密の指輪 -お嬢様のおおせのままに』雨川恵(著)/風都ノリ(イラスト)角川書店 角川ビーンズ文庫/2008.5.1/¥476『一人は嫌、一緒にいて。…ちょっとでいいわ』『…

Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > アネットと秘密の指輪 お嬢様のおおせのままに / 雨川恵

Search
Feeds
Meta

Return to page top