Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 雨に唄えば SINGIN' IN THE RAIN

宝塚-宙組 / 雨に唄えば SINGIN' IN THE RAIN

梅田芸術劇場公演 『雨に唄えば SINGIN’ IN THE RAIN』を見てきました。
すごく楽しいミュージカルで、見た後面白かった幸せっ!と思えるハッピーミュージカル。今、布陣的にこの手のミュージカルやるのなら宙組が最強じゃないかなぁ、なんて思います(男役のトップスリーのバランスがいいような、そんな感じ。いやまあ今回は一人は女役ですが)。
特に今日はトモノカイ貸し切り公演のせいか、とてもよいお席で。鼻血モノです。ぶっはー。近い、スターが近いよっ!大和さんがすぐそこ歩いたよっ!と同行人の師匠と感動してました。今年の運を使い果たしてしまったかもしれない。

そんなわけで感想は続き。

すごく有名であらすじぐらいはわたしも知っているブロードウェーミュージカルの宝塚版。
ドン役の大和さんが本当に楽しそうに演じられていて、見ていてすごく面白いのです。イロモノな売れっ子美人女優(ただし声と行動がゲテモノ)リナ@北翔さんとの無声映画の撮影シーンなんてもう爆笑モノ。リナは殺しても死にそうにありませんが……いやぁ、笑った笑った。北翔さんはあの声をどこから出されているのか本気で気になります。最後のショーで男役に戻られていましたが、まつげが女役のままなのですごい迫力でした。
そして、大和さんといえばわたしも首をかしげるときがたまにある程度歌がイマヒトツだという印象があったんですが、見違えました。すごくうまくなられたなぁと上から目線で感動してしまいました(す、すいません)。コズモとのデュオはコズモが主旋律っ?と突っ込みたくなりましたがそこら辺は些細な問題かもしれません。いやぁ、歌もタップダンスもよかったです。
芸達者だなぁと思わせるドンの親友音楽家コズモ@蘭寿さんはさすが。なんという身体能力の高さ(違)。序盤(?)のコズモ大暴れのナンバーはとにかくドタバタしててすごいです。三枚目役の人がどたばた暴れまくるというミュージカル映画ではよくあるやつなんですが、すごいパワフルでした。
そして、噂に聞いていた生雨の中の一幕クライマックスシーンはさすがです。雨にも負けず笑顔全開で歌って踊られていたのが非常に楽しかったのです。

今日の公演は「これってたぶんアドリブだなぁ」と思わせる早口言葉のシーンが面白かったです。「専門ではないので」ってうまく逃げたなぁと思いますが、先生がそれでいいのかっ!と突っ込みたくなったかもしれません。普通の台詞中の早口言葉も今回の追加のあれも、さすが役者さんだと当たり前の感動を覚えました。

全体的にすかっと気分爽快ハッピーエンドのミュージカルのなので、かなりお気に入りです。そして指揮者は微妙にファンのあのお方(笑)。この前Red Hot Seaで見かけたばかりだというのに、得した気分だー。
数年前の星組版もかなり気になるなぁ。無性に見たい。めちゃくちゃみたい。安蘭さんと大和さんと陽月さんと真飛さんてっ豪華だ。うわすごくみたい。真飛さんのリナがとても気になります。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 雨に唄えば SINGIN' IN THE RAIN

Search
Feeds
Meta

Return to page top