Home > つれづれ > 旅行記:ウィーンに行ってきたよ ドナウ川クルーズもしたよ編

旅行記:ウィーンに行ってきたよ ドナウ川クルーズもしたよ編

今回の最大のイベントでもあるドナウ川クルーズしてきた。
とても普通の観光地でハードルが高そうでなさそうだったので、日帰りツアーとかに参加するほどでもなさそうということでまずは日本での下調べから開始である。ちなみに、今回の旅の支度で一番楽しかったのはこれを計画しているときであった。
そして、私は旅行で電車に乗るのはとても好きなのです。日本に帰ってきたら他部署の人にまで「今回は電車のったん?」と聞かれる始末……。いや、本気でそっちの方面の属性ないと思ってるねんけど……でも、ヨーロッパで電車乗るのは好きだなぁ……。そんなわけで、個人的には何が面白いかよく分からないけど、国鉄に乗るというこの事実が非常に楽しみでございました。

≪旅の基本方針≫メルクまで電車で行って、デュルンシュタインまで船乗って、そこから電車で帰る。

まず、オーストリア国鉄のサイト(ドイツ語。でも英語の表示にできるのであんまり困らない)でライン川くだりをできる街までの電車を探す。ちなみに、最後の最後までサイトを英語にする方法が分からなかったので、昔の記憶を呼び起こしてがんばってみた(注:ドイツ語できなくてもたぶん何となく分かります)(そして、英語にするには(現時点では)右上の方で言語を選択するコーナーが)。

<行きの電車>
07:44 Wien Westbahnhof発 (OIC690)
08:27 St.Pölten Hbf着
08:40 St.Pölten Hbf発(R2058)
09:03 Melk着

St.Pöltenでは乗り換えに13分の余裕があるから大丈夫ーとか思っていたけど、普通に遅れたのでほとんど余裕なかった。ヨーロッパ基準でもちろん特にアナウンスもないよ。日本ならもういいってくらい平謝りアナウンスありますが。
で、確かめるまもなく「これに違いない」と乗ったら合っててよかったよ。上記サイトの検索ではホーム番号も分かるので大変重宝しました(ホームが変わってたら……もうあきらめるしかないね!)

◆メルク
修道院の街、メルク。某マンガのおかげでメルクの偉大さは分かっているつもりだったのだけど、ほんまにすげー。きんきら~。なまぐさぼうずー。(とても失礼)
メルク修道院の外観 メルク修道院の礼拝堂 修道院から見た街
(クリックで大きな写真が見られます。以下同じ)
街自体も修道院を中心に成り立っているようなのだけど、きれいでこじんまりしてかわいい建物が多くてとても気に入りました(たとえ観光客受けを狙った街であったとしても)。今回の旅行で一番好きな街かなぁ?
11:00発のドナウ川クルーズ船に乗る予定だったので、それに間に合うように修道院を堪能し、船着き場に向かう。迷ったりもしたけれど、修道院から船着き場までは15分くらいだった。

◆ドナウ川クルーズ
メルクからデュルンシュタインまで約1時間10分のクルーズ。デュルンシュタインには10分ほど遅れてついたような気がしますがあんまり覚えてません。片道だったので20Euroくらいだったんだけど、通常価格にプラスして1Euroの燃料代を取られました。やっぱりどこでもサーチャージ……?
ドナウ川クルーズの船 途中で見た。妄想がかき立てられる。 船で隣にいた親子。かわいかったからつい……(顔は写ってないよ!)
当日はすごく暑かったのだけど、船の上は風がきつくてとても涼しく気持ちよかった。中はレストランみたいになっててもちろん食事もできるのだけど、せっかくだからお外で風を感じないと。ドナウ川クルーズはいわゆる「バッハウ渓谷」という山と山との間を船が進むのですごく見応え満点。時々山の中腹にお城が見たりしてテンションもあがります。たまに日本語のアナウンスもあったんだけど、意識がそこを向いていないのであんまり聞いてなかった。

◆デュルンシュタイン
船からのデュルンシュタイン。上にはあの城址が……で、一時間少々船に乗ってデュルンシュタインに到着。街もあんまり大きくなくてメインストリートにレストランや土産物屋がだーっとあるくらい、だけどこれまたかわいい街なのだ。
小高い山の上にある城址は必見!とか書いてあったのでえいこら軽く山登りするかーという感じで頂上目指して歩いていたのだけど、これがすごくきつかった!何しろ普段運動不足やからね!暑いし!アレルギー出てくるし!(これは自業自得)死ぬかと思ったよ!まあたぶん普通に小学校の山登り遠足レベルだったと思うけど!城址から見たドナウ川の風景は絶景でした。これは行く価値ある。しんどいけど!
城址への道にて。まだ途中。 城址入り口。「入るなら自己責任」とかいてある。 城址から見た景色。
山登りの後は街のメインストリートに戻っていろいろ物色する。どうやらここはアプリコットが有名らしい。ワインとかのお酒もかなり有名らしいのだけど、お酒は興味がないので(土産にする気もない)、アプリコットジャムを一つ買って帰ることにする。

帰りはここからウィーンに向かうのだけど、駅の寂れ具合(?)にとてもデカルチャ。無人駅とかには別に驚きやしませんが、ホームがないというのにはちょっと驚いたなぁ。しかも、切符を買う場所がなくて「観光協会で買ってください」とか書いてあることにさらにデカルチャ。余裕を持って行動してよかった……。車内でも切符買えたけど、対面の方が安心である。
駅。平坦。デカルチャ。 観光案内所で切符を買えとある。これくらいならまだ分かる。
<帰りの電車>
15:46 Dürnstein-Oberloiben発(R6133)
15:57 Krems/Donau着
16:01 Krems/Donau発 (REX7127)
17:04 Wien Franz Josefs Bahnhof着

あああああー、ウィーンでもメルクでも時間なくて、デュルンシュタインでは駅に目がいってしまってたから電車の写真がない!忘れてた!あの重量級っぽい電車好きなのに!いや汽車かあれは!残念でなりません。

Home > つれづれ > 旅行記:ウィーンに行ってきたよ ドナウ川クルーズもしたよ編

Search
Feeds
Meta

Return to page top