Home > つれづれ > 旅日記:ウィーンに行ってきたよ 食べ物編

旅日記:ウィーンに行ってきたよ 食べ物編

いろいろ食べたおいしい物。ウィーンは甘い物もご飯もおいしいね!

<おやつ編> 甘い物好きなのでとりあえずいろいろザッハトルテ食べました。よく考えてみればウィーンで甘い物(スイーツとは死んでもいえない)はザッハトルテしか食べてない。 ホテルザッハーのザッハトルテ ホテルザッハーのアインシュペイナー デーメルのザッハトルテとメランジェ 美術史美術館のザッハトルテとメランジェ
上記、ホテルザッハーのザッハトルテにアインシュペイナー、そしてデーメルのザッハトルテにメランジェ、最後は美術史美術館内にあったカフェのザッハトルテとメランジェとなっております。
味で一番好みなのはザッハーのザッハトルテです。ちょっと酸っぱいかんじがするのが甘すぎずいい感じ。ウェイトレスのお姉さんが美人で優しかったので好き。
デーメルのザッハトルテは少し変わったチョコレートケーキという感じかなぁ。観光客ですごく混んでて、一番最初に対応してくれたウェイトレスさんの態度が激悪だったので印象が悪い。担当してくれた方はとてもよい方だったのだけど。
店の雰囲気は美術史美術館が一番いい。ここにはいるために美術史美術館に行ってもいいくらいだ(笑)。店員のおにいちゃんもフレンドリーで好き~。ここのカフェは有名なゲルストナーというお店が経営されていて、味の方も十分満足。ケーキのお味はデーメル系かな?

<朝ご飯編>
朝ご飯の一例ホテルブッフェ付きだったので、朝はもりもり食べた。朝たくさん食べる→昼は食べなくてもいいか→おやつ食べる→夕飯食べるで食事代を浮かそう大作戦。
普通においしかった。チーズとハム・ウィンナー系の品揃えが豊富で楽しかった。チーズは(日本人的に)当たり外れがあるので一種のギャンブル。そして、フランスパンが激旨であります。ドイツパン系は味がきつくいい思い出がないので最初からスルーの方向で。

代替朝ご飯こちらは、朝ご飯の時間より早く出発する必要があったのでホテルに用意していただいたフードボックス。サンドイッチとリンゴ、チョコレートバーにオレンジジュース。しかし、こちらで朝ご飯をボックス煮詰めていただくとなぜチョコレートバーがついてくるんだろうか?お約束?

<昼ご飯編> フランクフルト上記のように昼ご飯はあんまり食べてないのだけど、一度だけ。フランクフルトというメニューのご飯である。パンとウィンナーと書いてあったらまさにそのままの通り出てきたのでちょっと笑えた。
しかし、このウィンナーがこれまた激旨。さすが本場は違う。
ウィンナーの間にはマスタード(下)となにかの添え物(上)があったのだけど、こんなにマスタードいらんわな……。添え物は何かよく分からなかった。しかし、一口入れたらとても辛くてとてもじゃないけど完食は無理だった。

肉の焼いたやつ。ハンガリーに行った時の昼ご飯は本場のハンガリー料理である。後述のように、前夜にグラーシュを食べていたので「二日続けてグラーシュだったらどうしよう」と思ってたんだけど、出てきたのは鶏肉焼いたやつになんかおいしそうなソースをかけたやつ。名前はよく分からないけどハンガリーの伝統的料理だそうな。ミニコースだったのでケーキとかもついてたりしたけど、これがちょっとトラウマになりそうなくらい甘いケーキだったのでなかったことにしておこうと思う(甘い物好きのメンツにかけて食べきったけどさ)。

<夕飯編>

夕ご飯はとにかく量が多い。

グラーシュ(鶏肉)最初に食べたこちらの料理は、ハンガリー料理のグラーシュ。肉やら何やらをパプリカで煮込んだやつだ。
オーストリア=ハンガリー二重帝国というだけあって、ウィーン市内にはたくさんハンガリー料理屋さんがあった。その中の一つに何となく入ったら日本のガイドブックにも載ってるお店らしく、何も言わずに日本語のメニューが出てきたのであまり困らなかった。
私が食べたのは鶏肉のグラーシュ。肉は何とか食べきれたの、添え物のジャガイモのデンプン固めた白いやつが妙に多くて食べきれなかった。同行人は牛肉のグラーシュ(添え物:ジャガイモ)を食べてたけど、ジャガイモはやはり食べきれなかったようである。しかし、とてもおいしかった。ちなみに、真ん中に乗ってる赤いのはプチトマトでなく辛いパプリカ。一口かじって死ぬかと思った。

ウィンナー・シュニッツェルウィーンに戻ってきて次に食べたオーストリア料理は、これを食べねばオーストリア来たことにならん!というウィンナー・シュニッツェル。いわゆる仔牛のカツレツ。うすーく延ばしたお肉を香ばしく焼いております。注文してしばらくしたらどんどんと肉を延ばしているような音がしたので、そのような感じに料理している物と思われます。
これもまたとても多くて、何とか食べきったものの食べきった後は苦しかったです。一皿二切れだったのだけど、一人一切れで十分かなぁ、とてもおいしかったのだけど。女子二人で行く場合は、一皿シェアも視野に入れていいと思います。

チキンティッカとマンゴーラッシーそして最後はウィーン市庁舎前のフィルムフェスティバルで食べた屋台のご飯。フィルムフェスティバルに行くために市庁舎に行ったのではなく、ご飯を食べに市庁舎に行った。
ウィーン料理、日本料理、中華、イラン料理などなどいろんな料理があったのだけど、インド料理が好きなので「チキンティッカ」と「マンゴーラッシー」を頼む。これで10Euroくらい。とてもリーズナブル。そして量もそんなの多くなくとてもおいしく大変満足。いい物食べた。この時期にウィーンに行くのであればここで食べるのはオススメだなぁ。食べるところがなくても、上映前ならスクリーン前の席はある程度までならたくさんあいてるし。
おさけそして、ご飯食べて上映開始までかなり時間があったので、ウィーンに来て最初の最後にお酒を飲んだ。ラズベリーだかブラックベリーだかがつけてあるお酒。ジュースみたいに飲めるかなぁと思っていたら結構度数がきつくていい気分になった。そしてわりに酸っぱくて最後のほうは切なくなってきた(酸っぱいの苦手)。お酒に弱いと簡単に酔うので出先ではとても注意が必要だ。

Home > つれづれ > 旅日記:ウィーンに行ってきたよ 食べ物編

Search
Feeds
Meta

Return to page top