Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / ソロモンの指輪 & マリポーサの花

宝塚-雪組 / ソロモンの指輪 & マリポーサの花

宝塚雪組公演見てきました。
今回はちょっと変則で、まず30分のショー(ソロモンの指輪)をやってから休憩、で2時間のお芝居(マリポーサの花)という組み立てでした。私の宝塚人生の中で初めての組み合わせです。

続きにネタバレがあるかもしれない感想。今日の感想はとても書きにくいーーー。

◆ソロモンの指輪
「考えるんじゃない、感じるんだ」
というような内容でした。とにかく30分なのですごくあっという間で息つく暇がありませんでした。
「宝石売りが宝石売りに来て、売り物の一つであるソロモンの指輪のついての物語が語られる」という所までは理解できましたが、そこから先はさっぱりです。今、ちょっとWikipediaでソロモンの指輪の項目読んでああなるほどー、黒天使も白天使もいたよーと今更ながらに納得していたり。
全体的に極彩色で目にいたい(ほめ言葉)展開の連続でしたが、個人的にお気に入りなのはラストの白い衣装が基調となっているところかなぁ。今までのところがなにせ極彩色なので目立つ。デザイン自体も私好みの衣装でしたし(笑)。ここでは、なぜか2番手・3番手さんが金ラメの衣装、トップスターは白を基調としたさわやか衣装と目立つには目立つけど金ラメの方に目がいってしまいました。
こう、いつもの感覚としては「これからだー」というところで終わるので若干不完全燃焼です。いや、30分だからこそすごく濃縮されて楽しかったというのもありますが、でも、もうちょっとみたいなぁと思ってしまうといいますか。

◆マリポーサの花
「感じるんじゃない、考えるんだ」
というようなお話でした。
お題としてはラテンアメリカあたりの親米政権と革命家とかそこら辺のお話なので、キューバ革命がモチーフかと思われます。

作・演出をされている正塚さんの作品で最近のはヒットしまくりだったので(とはいっても、私の記憶にあるのは星の「愛するには短すぎる」と月の「マジシャンの憂鬱」だけで、そういえば雪の「Romance de Paris」もうそうだったかなー程度)かなり期待していったんだけど、その記憶に残っている正塚作品と系統が違って(コメディ分がほとんどない)のり遅れました(ハードボイルドというところが目に入ってなかったらしい)。

しかし、何のかんのといいながらハードボイルドなところが非常にかっこよく、水さん(ネロ)ええわ……と思いながら見てました。ヒロインよりもエスコバル(ネロ友)の方が確実に出番が多く、ネロとの絡みも熱かったという点で最近彩吹さんズキーな私はいろいろ堪能させていただきました。ちょっと悪っぽい彩吹さんもいい。男の友情はいいものだ。もはやこの話はハードボイルドなラブというよりハードボイルドな男の友情物でもいい。最後のあのやりとりだけ抜き出したらそれでも納得できるはずだ(笑)。
ヒロインのセリアさんはとりあえず美人なので目の保養です。ネロとセリアのラブ関係についてはちょっとジェットコースターのような気がしてええいつの間にぃと思わないこともなかったのですが、暗闇の中に突如現れた可憐な花に心奪われたと思えば納得がいくのでそういうことにしておきます。

お芝居は2時間あるのでちょっと長め。すごい長台詞が多かったのがちょっとしんどかったかなぁ。せっかくの大きな舞台なのに登場人物が少ない場面がとてもたくさんで、クライマックスはさすがの大人数で迫力ではありましたが、その他はもったいないと思ったりもしたりして。

お芝居は男のかっこよさはすごく堪能できるんだけど(垂涎物)、宝塚的きらきらぴかぴかした世界ではないのでそこら辺は前半のショーの余韻で脳内補完の方向で。

Comments (Close):6

tomekiti 08-08-24 (日) 20:47

こんばんは♪
西では次々と新作が見られてうらやましい!
こっちではまだ『スカピン』が始まったばかりです。

『ソロモンの指輪』と『マリポーサの花』も楽しみにしてます。
オギーの演出だからワケわかんないだろうなーとは思うんですが、そのワケのわからなさが好きなのです♪
正塚先生はハードボイルドですよね!
昔の話で恐縮ですが、『銀の狼』と『ブラックジャック』が確か正塚先生で、2つとも大好きな作品でした。
男の友情!大好物です!(花組に引き続きヒロイン影薄そうですが・・・笑)

それと、『屋根裏物置』さんをリンクさせて頂いていいですか?
よろしくお願いします。

さり 08-08-24 (日) 21:12

tomekitiさん、こんばんは。
こちらでは次のがはじまりますが、東京ではスカピンをやっているかと思うと違う意味でうらやましいですよ!

ソロモンはわけわからなさを楽しむ作品かもしれませんねー。もう宝塚だからなんでもいいか、みたいな感じで(笑)。きれいでぴかぴかでおおおおっという感じでしたので、30分がとても短く感じました。
マリポーサは後ろ姿がかっこいいと言いますか、最後まで見たらもう一回最初のエピローグを噛みしめるように見たい!というようなシリアスさが素敵でした。花組のやつよりはヒロインの存在感はあったと思いますよ。いやでもいなくても話は成り立つかもしれませんが……。

リンクの件は、どうぞ煮るなり焼くなりお好きなように~。ブログにしてから特に何も書いてませんが、リンク・アンリンクフリーのフリーダムなサイトですので。
こちらからも、次回の更新の時にでもリンクを貼らせていただきますっ!

tomekiti 08-08-25 (月) 20:26

こんばんは♪
リンクご了承ありがとうございます♪
この間パソコンが壊れて初期化してしまったため、
お気に入りに入れておいたさりさんのサイトがわからなくなってしまったんですよ~。
結局「あわせて読みたい」からまたたどり着いたんですけど(笑)
ブログのリンクしておけばとりあえず安心です♪

さり 08-08-27 (水) 21:29

こんばんは。
あわせてよみたいに意外な活用方法(笑)。

私はたまーにお気に入りとかブックマークをエクスポートしてます。
最新じゃないにしろ、わりと現状復帰しやすいような気がします。
(しかし、現状復帰しなければ行けないときに限ってしばらくエクスポートを忘れてたり)
そして、最後はリンクをたどって収集(笑)。

なにごとも、バックアップは大切です。

tomekiti 08-11-08 (土) 23:03

こんばんはー!観に行ってきましたよ~。
『ソロモンの指輪』の方は「短すぎる!!!」という文句以外は、
わけがわからないのは初めからわかっていたのでいいんですけど、お芝居が・・・(涙)
なんかこんなに時間が遅々として進まない宝塚は初めてでした・・・。
正塚先生の男の友情は最後に出てきてうれしかったけど・・・スーツ姿のユミコさんもミズさんもカッコ良かったけど・・・ショーを伸ばしてほしかったですぅぅぅぅ!!!
こんな感想でごめんなさいっ!

さり 08-11-09 (日) 9:36

tomekitiさん、こんにちは。

マリポーサはあれです、ネロとエスコバルの男の友情に涙する話なのです。そこまでたどり着くのがとても長くても、そこさえ堪能できれば……。いやたしかに、なんかすごく疲れましたが(笑)。
実験作だったのですかね?とても大きな舞台なのにもったいないなぁと思いつつもとりあえず彩吹さんがよかったのでよしとしておきました。

次こそは!という気分で次回作に期待です……。

Trackbacks (Close):1

trackback from 多趣味が趣味♪ 08-11-08 (土) 23:04

宝塚雪組公演『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』…

ショー『ソロモンの指輪』
作・演出・・・荻田浩一

ミュージカル『マリポーサの花』
作・演出・・・正塚晴彦

《CAST》
水夏希 白羽ゆり 彩吹真央 音月桂 凰稀かなめ …

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / ソロモンの指輪 & マリポーサの花

Search
Feeds
Meta

Return to page top