Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 銀ちゃんの恋

宝塚-花組 / 銀ちゃんの恋

花組のドラマシティ公演『銀ちゃんの恋』を見てきました。
な、なんと初日です。ネタ的に当たったら面白いなぁと思って初日のチケットを申し込んでみたら買えてしまいました。……今年の運は使い果たした(わりと取りやすいトップさんじゃないドラマシティ公演とかいうつっこみは無しの方向で)。

今回はネタバレします。きっとネタバレしますの感想は続き。

※今日の感想は、いつものアホさに加えて何かちょっと言葉にできない満足感を感じているのでいつも以上にわけがわかりません。すいません。

大空さんが!ドラマシティで!主役!というだけですごくテンションがあがったのですが(目下一番目ガン見しているタカラヅカの人)、実は演目発表された時点では若干テンションが下がっていました。だって、洋物なあまりコメディじゃない大空さんがみたかったんだ……。しかしすいませんごめんなさい。面白かったです。現代(ちょっと昔)日本コメディにちょっとがっかりしてすいませんでした。
ちょっとがっかりしていた理由は演目の原作『蒲田行進曲』を全く知らなかったというのが大きな理由なんですが、何で自分がこれを知らなかったのかが不思議でなりません。基本コメディで中盤以降ちょっとほろりとさせるシーン有り、考えさせられるシーン有りのとても熱い物語でした。モノをよく知らない私でもこの主題歌、というか「♪キーネーマーのてんちー」は聴いたことがありました。

お調子者で自信家で周りの評判気にしまくりで傍若無人でかっこつけで目立ちたがり屋で人情味には熱い銀ちゃんがとにかく面白かったー。シリアスモードに完全移行するまでは言動がまるで吉本新喜劇の吉田ヒロです(なんて局地的な喩え……)。そしてそのシリアスなシーンでそれか!(「孤」など)とどこまでこの人は観客を笑わせるつもりなんだろうと気が気でなりませんでした。
そんな銀ちゃん、客席から!2回も登場されて二度びっくり。ち、ちかい!大空さんが超近い!はなぢー!というとても心臓にわるい展開でした。確実に心拍数あがった。カメラ目線銀ちゃんの所はリアルタイムで撮ったやつを射影してるっぽかったですね。現物を見ればいいのかスクリーンを見ればいいのかとても困りました(なんせスクリーンの方はカメラ目線なので)。

今回思わず目を奪われたのは銀ちゃんの子分で銀ちゃんの恋人小夏を押しつけられるとてもいい人・ヤス。もうすごく迫真の演技でただただ圧倒されました。今日はおたまをとばしてしまわれていたようですが、あれはミスには見えなかったなぁ(秘技・ちゃぶ台返しのプロローグかと)。よくよく考えてみると銀ちゃんよりヤスの方が出番が多いんじゃないかな?と思ってしまうほどに存在感があって、華形さんの熱のこもったヤスが涙を誘います。
噂の階段おちの所はどうするんかなーと思っていたら、大空さん追いかけてたら急にカタがついてしまいました。あ、ロープ見えるとかは気付いても言ってはいけないことらしいです。

終盤近くのとにかく本気でシリアスな銀ちゃんはかっこよかったです。目の保養、目の保養。大立ち回りのところも中々に迫力がありまして、目の保(以下略。そしてかなりシリアスに進んでいたのに最後の最後にあっけにとられました。あれは、これは劇中劇中劇なんだよーという解釈ということ、な、なんでしょうかねー?(こういうのの理解がとても苦手)あと、電飾。羽根に勝つのは豆球しかないということに気付いた次第でございます。

大空さんをとりあえずガン見しにいったので、そこでもあそこでも!と忙しい公演で楽しかったです。そして華形さんもとてもきになる方となったわけで……次の観劇も忙しくなりそうだー(いろんな人を追いかけないといけない)。

Comments (Close):4

tomekiti 08-10-09 (木) 20:38

こんばんは♪
とっても面白かったようで、私も更に楽しみになりました!
『鎌田行進曲』は舞台を見たことがあるんですよ。
まずまず面白かった記憶があります。
でも私が今回チケを取った理由はポスターがあまりに面白かったからです!
さりさんの真逆でした。
ハエたたき?なんじゃこりゃー!?・・・・・観たい!!!とテンション上がりました(笑)

ヤス役の華形さんも良いようでまた楽しみですね。
ガッチリ脇を固める中堅さんは大切ですもの。

さり 08-10-10 (金) 23:02

こんばんは。
銀ちゃんおもしろかったですよー。
あのイロモノのお衣装の数々を颯爽と着こなす大空さんにほれぼれです。

ポスター、最初見たときは上記のようにうへーっとなっていたんですが、何回か見るたびに違和感を感じなくなり、見る前はやっぱりテンションあがって楽しみでした。
ハエタタキのシーンもちゃんとあってここかぁ、と。

銀ちゃんはいろんな意味ですごいのですが、脇役を固める皆さんもすごく良かったです。ヤスと小夏は特になんか存在感。他にもちょっとだけなのに何この存在感!というところがたくさんあって目が離せませんでした。

ぜひぜひ、ご堪能ください!

tomekiti 08-10-26 (日) 17:45

こんにちはー!昨日観てきました!
もうすっごい泣いちゃって、ヤバかったです。
ヤスさんと小夏がもう切なくて切なくて。
とにかく切な系に弱い私なんです・・・。

ハエたたきのシーンは面白かったですね!
ってか、銀ちゃんどこまで真面目なんだか・・・というゆうひさん、超面白い。
「孤」って、銀ちゃんあんなシリアスな場面で・・・・・って感じでした(笑)

さり 08-10-26 (日) 19:08

tomekitiさん、こんばんは~!
いいな、あの「孤」を見られたのですね!現金よこせとか今思い出しても笑えます。
ここまで笑いのとれる方だとは思ってませんでした。

そして、シリアスパートはコメディパートとの落差もあって余計にぐっときますよね~。
ああ、なんかもう一回見たくなってきたなぁこれはDVDを……フラグでしょうかどうしましょう(笑)。

Trackbacks (Close):1

trackback from 多趣味が趣味♪ 08-10-26 (日) 17:41

宝塚花組東京特別公演『銀ちゃんの恋』…

宝塚花組東京特別公演
『銀ちゃんの恋』−つかこうへい作「蒲田行進曲」より−
日本青年館 2008年10月
原作・・・つかこうへい 潤色・演出・・・石田昌也
《CAST》大空祐飛 …

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 銀ちゃんの恋

Search
Feeds
Meta

Return to page top