Home > つれづれ > 映画:レッドクリフ

映画:レッドクリフ

レッドクリフ見に行ってきました。公開日に映画に行くのはたぶん十年ぶりくらいです(なんせ千円)。さんごくむそうだーと思いながら見てました。せっかくなので久しぶりに感想などしたためてみたいと思います。
ネタバレとかあんまり気にせず書くんで、ネタバレ不可の方は回避推奨です。

■感想を書く前に
三国志に大してこだわりは持っていません。
私の三国志歴は人形劇三国志に始まり、横山光輝三国志を読み、子供向けの全5巻くらいの三国志を読んだ後はいきなり真・三国無双シリーズに飛ぶ程度の浅い三国志ズキーです。とても底が浅いです。まともに三国志読んだことないな!(今改めて気付いた)

■全体的な感想
とても派手で無双でした。実写で無双やるとこんなものかもしれません。
あと、魏がとても悪役。呉・蜀陣営はそれなりに他の将軍が紹介されているのに魏は曹操以外ほとんど出てこないのです。あの人とかこの人とか!いくら「帝国が襲ってくる」とかなんとか訳の分からないキャッチコピーついてるとはいえ……魏ズキーの人にとっては憤懣やるかたない展開かもしれません。

そして、苦しくなってきたのでポイントだけ羅列。

  • 孔明様がイケメンです。目の保養です。
  • 趙雲がとてもかっこよかったです。とても無双です。
  • 孫権妹がおもしろかったです。強いです。
  • 張飛がかわいそうです。武器を持たせてあげてください。
  • 蜀が庶民的すぎます(実際そうなのですが)。アットホームです。
  • 獅童さんすごいな!見事な俺を踏み台にしたな!攻撃でした。
  • 曹操様がただのエロオヤジです。何とかしてください。

周喩さんがメインっぽいので周喩さんの方がかっこいいのかなぁと思っていたんですが、ビジュアル的には孔明様の勝ちでした(ごくごく個人的な嗜好)。そして、孫権君の「偉大なお兄ちゃんとお父さんがいるのに僕は僕は」的ぐるぐるが見られてよかったです。それをばっさり切り捨てる孫権妹も素敵。というかやっぱり呉一家はいいなぁ(無双からの刷り込み力大)。
獅童さんの踏み台攻撃はまさに無双でございます(気になる方は映画公式サイトの登場人物紹介の映像で見られます。是非見てください)。
あとは最後の方の山場の戦闘シーンで「♪好きなら好っきと~」と人形劇三国志のラヴテーマが頭を駆けめぐりました(砂塵もんもんだったので)。人形劇三国志もう一回みたいなぁ。

■総括
長坂の戦い(たぶん)~赤壁の戦いの前哨戦までで、「次はいよいよ本決戦だぜ!」というような展開で、後編も見なくてはっっっっと思う程度に楽しんできたんですが後編の公開は2009年の4月らしいのです。おぼえてるかなぁ(きっと公開前にDVDとかだすんでしょうが)。

Home > つれづれ > 映画:レッドクリフ

Search
Feeds
Meta

Return to page top