Home > 作者名 ま行 | 本の感想 > 天啓のパルティア 時の女神が戴冠する / 真朱那奈

天啓のパルティア 時の女神が戴冠する / 真朱那奈

ハルバートの成人の儀を目前に控え、パルティアの15歳の誕生日を祝う宴が開かれた。恒例の余興の狩りでハルバートの父である皇帝タータスが謎の蛇に噛まれ、死線をさまよう怪我を負ってしまう。皇帝に万が一の事が起きたときは成人していないハルバートが跡を継ぐことができないと、ここぞとばかりにハルバートを窮地に追いやろうとする一派が声を大に活動をはじめて……

月の姫巫女パルティアの物語第3弾。今回はパルティアの婚約者である皇太子ハルバートが窮地に立たされるお話と、1巻ぶりの吟遊詩人ラグーがかっこよかった話。妙に老成しているハルバートもそれなりにかわいいところがあって新たな発見でした。
まずはあれですな、主役カップルのいちゃいちゃですな。今までの中で実はいちばんツボです。なんかいいなぁ、対等な立場からのいちゃいちゃといいますか(いままではハルバート君がどちらかといえばお兄ちゃん的立場だったような気がするのです)。脇も脇でがんばっていただきたいと思います(ルーヴェル卿とか。逃げるなよ!)
皇族とか王家とかいったらこれだよねーといろいろ入り組んだ血縁関係でちょっとどろどろ目です。しかしそんなどろどろなどないかのようにさわやかに花をとばして羽根をしょっているガイエン公すごいなぁ……。一人だけ物語の中で明らかにまとう雰囲気が違います。あえていわなくても某歌劇のフィナーレに出てくるね!(宙か星っぽい←なんかそんなかんじがした)

あ、ここらへんの感想のおかげでヅッカヅカにされながら読んでしまって感想が横にそれてしまいました。

久方ぶりに登場のラグーが苦境に立たされたハルバートの代わりにいいところを全てかっさらっていってなんとか落ち着いたように見える本件ですが、まだまだ裏ではいろいろうごめいていそうです。パルティア関連の秘密等もどんどんスケールアップしていってどこまでいくのかなぁとちょっと楽しみです。

(次回の展開の予想)
羽根は腹黒を隠すための擬態であるにいっせんてん。

天啓のパルティア 時の女神が戴冠する
真朱那奈/薄葉カゲロー
エンターブレイン B’s-LOG文庫(2008.11)
ISBN:978-4-7577-4537-7
bk1/amazon

Home > 作者名 ま行 | 本の感想 > 天啓のパルティア 時の女神が戴冠する / 真朱那奈

Search
Feeds
Meta

Return to page top