Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / ブエノスアイレスの風 光と影の狭間を吹き抜けてゆく

宝塚-星組 / ブエノスアイレスの風 光と影の狭間を吹き抜けてゆく

宝塚の星組バウホール公演見てきました。
持つべきものは年季の入ったファンの知り合い!というような経緯でチケットを融通していただけたラッキー観劇でございます。

みたいとその前に。来年のバウホールの蘭寿さんのアレのチラシ見つけたからかっぱらってきました。
スキャナ引っ張り出すのめんどくさいのでつたない写真で激写です(著作権上問題があるような気がとてもするのでなんかあったら/しばらくしたら下げるかもです)。らんじゅさんとみわさんって、前の大劇場の悪役コンビだなぁ……。ゆうみさんはでないのかしら!(ベルばら組です)。とても見たいです。チケットとれるかなぁ。制作発表の時のらんじゅさんは髪の毛ツンツンでしたが、落ち着きモードになったようです(髪型普通)。

っと、星組の観劇の感想のはずが宙組にシフトしていました。観劇の感想は続き。ハードボイルドでした。

この前の雪組のマリポーサに引き続き、なんか似たような感じの地域の似たような状況(?)での正塚作品で、私はこっちの方が好きかなぁ。うまくはいえないんですけど、こっちの方がスピーディーで面白かったので。近頃妙に気になる和さんの髪型があのCIAだよ!というツッコミをとても入れたくなりました。
そして柚季さんがかっこいいのです。もうタンゴが超かっこよくてですね。夢咲さんとのタンゴ超かっこいい!踊りのうまい下手はあんまりわかんないんですが、今日の出演者さんのタンゴみんなかっこよかった!足捌きがかっこいい~。タンゴっていいなぁ。あの哀愁の漂う音楽に乗せての情熱的なステップがたまりません(注:素人のざれごと)。
今回の柚季さんは「達観したショーヴラン」「ちょっといい人のショーヴラン」「お兄ちゃんのショーヴラン」というような(この前スカピンのDVDを見てしまったせいもあり)ショーヴランがタンゴ踊ってる~という見方をせずにはいられませんでした。まあ、ショーヴランとはまったく違った感じのお兄ちゃんなのですが、何かビジュアルがショーヴランっぽくて。

ストーリー展開自体はうまくいくかなぁと思わせていてかなりビターで切ない。いろいろあるけど生きていくんだよ、という前向きなのかそうでないのか判断に苦しむエンディングでしたが……ひとつ突っ込みたい。イザベラ、それでいいのか!と。こう、なんとなくもの悲しい哀愁漂う物語なのでああいう終わりかたもありなのかなぁと思うのですが、もうちょっと次へのステップというか次にやるんだーみたいなほのめかしがあっても良かったのではないかと思ってしまうのです。が、それを入れると物語の雰囲気つぶれるかなぁ。難しいところです。

なにはともあれ、柚季さんがとてもかっこよかったので大満足です。柚季さんは視線が色っぽいというかエロいね!

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / ブエノスアイレスの風 光と影の狭間を吹き抜けてゆく

Search
Feeds
Meta

Return to page top