Home > お気に入り | 作者名 さ行 | 本の感想 > アンゲルゼ 永遠の君に誓う / 須賀しのぶ

アンゲルゼ 永遠の君に誓う / 須賀しのぶ

実戦ごとに未孵化としての力を増す陽菜は、世界各地を転戦し強力なアンゲルゼを配下に従えてゆく。しかし、時間の経過と共に同じ未孵化の有沙の体調は悪くなり、陽菜はついにある決断を迫られることとなる。そして迎えたクリスマスシーズン、神無島の周辺海域で海軍がアンゲルゼと交戦を開始した。

アンゲルゼ第4巻にして最終巻。大人の事情でラスト2冊を1冊に凝縮した最終巻らしいのですが、そんなこと気にさせないくらいすごく綺麗にまとまっていて、最後まで読めて良かったです。たしかに、無理矢理まとめたという事を聞いてしまうともうちょっとあそことかこことかじっくり描いていただきたかったとも思ってしまいますが。マリア関係とかもうちょっとなんかあるのかと思ったんですがそこら辺は尺の関係でしょうね……。

怒濤の伏線回収に驚きの設定解明に決意の最期にニヤニヤもーちゃんと息つく暇がありませんでした(ひとつだけ次元が違う……)。それぞれの想いや願いがいっぱい詰まった言葉や行動に感無量です。陽菜も最初の頃の彼女と比べたらまるで別人のように成長して。成長せざるを得ない環境だったというのもありますが、ここまでかっこよくなるとは思ってもみませんでした。やっぱり、須賀さんの物語のヒロインはかっこいいわ。そして、敷島さんと東さんの男の友情には燃えました。おっさんはいいものだ。

ラストのもーちゃんの相変わらずのもーちゃんぶりニヤリとしつつ、大人編な続き読みたいなぁとかちょっと思ってしまうエンディングに大満足です。ああ、いいシリーズを読みました。

imgアンゲルゼ 永遠の君に誓う
須賀しのぶ/駒田絹
集英社コバルト文庫(2008.12)
ISBN:978-4-08-601239-3
bk1/amazon

Home > お気に入り | 作者名 さ行 | 本の感想 > アンゲルゼ 永遠の君に誓う / 須賀しのぶ

Search
Feeds
Meta

Return to page top