Home > 作者名 さ行 | 本の感想 > 身代わり伯爵の求婚 / 清家未森

身代わり伯爵の求婚 / 清家未森

リヒャルトの「やり逃げ」に対し、復讐を誓うミレーユだが日常生活に支障が出る程度に混乱の極みに達していた。そんな中、ミレーユは女装(?)して神殿への密使を務めるという任務に自ら立候補する。その神殿にはリヒャルトの無実を証明できる神官長が幽閉されており、なんとか接触しようとするミレーユだがその神殿には他にもいろいろな人物がやってきており……

身代わり伯爵7巻目で、シアラン編の主要登場人物が出揃ったかな?のお話。求婚ってそっちか!と予想外の展開に正直とてもびっくりしました。よく考えると正統ルートではあるのですが。しかし、真意がちゃんと伝わったかは気になるなぁ……かなりストレートな言い回しでも斜め上45度位に曲解できる子だからなぁ……。

ミレーユは前巻のラストがあーんな状態だったのでさぞかし動転しているだろうと思いましたが確かに動転していました。序盤の動転振りが今巻で一番楽しかったのかもという程度に動転していました。
一方のミレーユに挑戦状を突きつけられた形となるリヒャルトは、ミレーユからしてみると「神出鬼没」的な勢いでミレーユに絡んできて、しかもどのターンもニヤニヤしまくれるそのストレートさに、吹っ切れたリヒャルトの本気を垣間見たような気がします。もうほんとリヒャルトとミレーユのやりとりは!ミレーユが若干見当外れの方向に突き進もうとしているだけにもうニヤニヤが止まりません!

そして、ミレーユの正体を疑う団長その他のお話にも一応の決着が。あの勝負の場面はミレーユの男気に惚れざるを得ませんね。疑いもなくシリーズ中一番男前はミレーユです。しかし、これでもってまだ若干無自覚というんですから始末が悪すぎます。

ヴィルフリート王子のいい人振りや(肉球に癒される)、フレッドの身代わり公爵令嬢、キリルの過去にいったい何が、そして大公の暗躍などいろいろ楽しみ&気になる点も満載で続きが楽しみです。そしてラストがラストなだけに続きをとても読みたいです。

img身代わり伯爵の求婚
清家未森/ねぎしきょうこ
角川ビーンズ文庫(2008.02)
ISBN:978-4-04-452407-4
bk1/amazon

Home > 作者名 さ行 | 本の感想 > 身代わり伯爵の求婚 / 清家未森

Search
Feeds
Meta

Return to page top