Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 薔薇に降る雨 & Amourそれは……

宝塚-宙組 / 薔薇に降る雨 & Amourそれは……

宙組のトップコンビ退団公演「薔薇に降る雨」「Amourそれは……」を見てきました。
個人的に目の保養が一番揃っていると勝手に大注目している宙組、トップコンビ以外にも退団者が多くてもったいないというか最後の勇姿誰を見ればいいの!(悩む)という公演でしたが、主に大和さんと陽月さんと七帆さん見てました。七帆さんもったいない……(この前のバウで本格的におちたところなのになぁ……)。

前回の大劇場公演と違ってとても大人な展開だね!というお芝居と、オーソドックスなショーでしたねぇという適当感想は続き。

■薔薇に降る雨
えー、大別するととロマンス・ド・パリとかマジシャンの憂鬱とか寄り(ブエノスアイレスとかマリポーサ側ではない)のわたしの好きな方面の正塚作品でした。しかしこの人の作品は役少ないな!(最近気付いた)
大和さん扮するジャスティンは一歩間違えればひんしゅく買いまくり系の色男、と。若干暴走気味です。しかしかっこいいのが憎い。
イヴェットas陽月さんは過去のかわいらしいお嬢さんもいいけど、酔いつぶれてるのになぜか妙にかっこいい所に惚れそうになりました。あと、今回の衣装は全般的に好きだなぁ。シンプルなドレスめっちゃかわいいさすが。
あと、蘭寿さんとか北翔さんとか悠未さんとか総じて良かったですが、せっかくなので七帆さんのオールバックにとてもキュンとしたという特記事項を忘れないように記しておこう……。

全体的に歌は少なめですから(トップコンビが以下略)、イヴェット母の美声が良かったです。歌劇はこうでなくては!と思いましたがあの伯爵家ちょっとおかしい。祝おう飲もう!だっけ……?

しかし、えらく大人な場面があったけどあれはすみれコード的にはOKだったんだろうか?と思わなくもないです。そして、中途半端にコメディとシリアスが同居しててちょっと違和感を感じました。……まあ面白かったんだけど。コメディ部分が浮きすぎてる、というのかな?

■Amourそれは……
ロマンチック・レビューシリーズというのの最新作らしく。あの(個人的)超名作のネオダンと同じシリーズと聞いて期待に胸ふくらましていたんですが、ちょーっっっと期待しすぎたかな?という感想が。
初っぱなの衣装がパステルカラーで揃えた、とあるんですがインパクト弱くてなーんか消化不良。その消化不良感がすこし長続きして、原色バリバリのフロリダあたりでようやくショーを見ている気分になりました。
今回のショーで好きな所は、蘭寿さんの銀橋手話のSheのところ。なんかすっごくときめきましたー。で、初舞台ロケットもかなりエネルギッシュでよかったです。使っている曲がモーツァルトの有名曲ばかりで馴染みやすいというのもあったんですが、かわいく、そしてかっこよく。やっぱり大人数のロケットはいいものです。
最後の最後に燕尾服群舞あったし、デュエットダンスもよかったし、基本的な所は良かったんだけどなぁ。インパクト不足というのがどうにもこうにも(久しぶりに空気のような主題歌だった……難しくて口ずさめないんじゃなくて、印象が薄いんだ……)。6カラットという名のイケメン軍団が最初で最後なのも残念だ。七帆さーん!

■今回は。
普段はだいたい後ろの方で見てるんですが、今回は大劇場で初めてとてもいい席で見ました。
すぐそこに月組の人がいました。たぶんあのひとかな?というのはあるんですが、断言できないのでお名前は出さないでおこうかと……。師匠とだったらたぶんだれかはっきりしたんだけど今日はひとりだったからな……。
生オケでやるミュージカルにはすべからく銀橋をつけるべきだととても思いました。銀橋万歳!
組長と数回目があったのはきっと気のせいじゃないと思う。他にもいろいろとても挙動不審になりそな瞬間がとてもありましたが(視線をどこに持って行けと!)、最初で(たぶん)最後と思うと怖いものもありません。
演目が何であろうと前の方が楽しいというのはとても本当の話ですね!今回のは個人的には外れじゃないんですがしかし。憎い商売をしやがります。もう一回見たくなってきた……。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 薔薇に降る雨 & Amourそれは……

Search
Feeds
Meta

Return to page top