Home > 作者名 な行 | 本の感想 > "文学少女"と恋する挿話集1 / 野村美月

"文学少女"と恋する挿話集1 / 野村美月

物語を食べちゃうくらい愛している文学部の部長・天野遠子を遠くから見守る不審な影。遠子に一目惚れをしてことあるごとにアタックをかけるも全く気付いてもらえない柔道部の部長「炎の闘牛」牛園は、遠子と心葉の仲を疑い、心葉を襲撃する(”文学少女”と恋する牛魔王)

文学をこよなく愛す文芸部の部長天野遠子と、遠子の唯一の文芸部員で遠子の「おやつ係」となっている心葉の物語「文学少女」シリーズの短編集。どれもこれも甘い恋からえげつない恋まで取りそろえた甘くて苦い恋に関する短編集でした。遠子の弟分の流人の話のインパクトが強すぎて……なんといいますか、愛憎は紙一重。

実は、(感想の順番は逆ですが)最終話読んでないんですけど読んでなくても大丈夫だよーという怪電波を受信したような気がして読んでしまいました。所々本編の最後まで読んだらきっと感慨深いんだろうなぁという部分がありましたが、なんとなーくラストはこうかな?と思ってしまう所もありましたが、直球ネタバレなかったのでまあいいや(そして直球でない限りあんまり気にしないので)。

結構テンションの高いコメディ調の話もあれば、しんみりと読ませる話もありバラエティにとんでいました。柔道部の部長の話とかボート部関係とかも好きですが、個人的に一番好きなのはゲストキャラの繰り広げる恋物語。青春の甘酸っぱさがとてもすばらしいです。長編もいいけど短編のこのノリの良さもとてもいいかもしれない、と思った短編集でした。

img “文学少女”と恋する挿話集1
野村美月/竹岡美保
ファミ通文庫(2009.01)
ISBN:978-4-7577-4578-0
bk1/amazon

Home > 作者名 な行 | 本の感想 > "文学少女"と恋する挿話集1 / 野村美月

Search
Feeds
Meta

Return to page top