Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / エリザベート

宝塚-月組 / エリザベート

月組のエリザベート見てきました。
今回のトート様もとてもビジュアル系でしたごちそうさま。
やはりフランツおとーさんはすばらしかったですごちそうさま。


正直なところ、一昨年雪組でやったところやし、ちょっとありがたみが薄れてきてるんちゃうか!(えらそうですいません)と思ってたんですが、やはりみるといいものです。やはり海外ミュージカルは音楽が大迫力でとても素敵です。トランペットは毎度の事ながら少々残念な感じでしたがいつものことなのでもういいです。

最近の月組は心安らかにいろいろ楽しめているんですが、その中でも個人的に株が急上昇している組長リュウ様を追いかけるので前半は忙しかったです。マックスパパ上素敵。いいわこの渋いお父さん。さすがリュウ様。お話を知っているだけにどのポイントでパパがいるかよく分かっているので、もうガン見です。

そして、もう一人のおとーさん・フランツ皇帝もその美声がすばらしかったです。安心して歌声を堪能できるというだけでとてもポイントが高いというなんかミュージカルなのにそれってどうよ?な宝塚クオリティの今回のエリザでしたが、まあそこら辺は置いておくとしてもです、霧矢フランツのその誠実そうな後ろ姿にしびれました。

私が見たのは明日海ルドルフはでしたが、とても目の保養でした。役替わりの中で、トートにたぶらかされる「もろい皇太子」がかなり似合ってるんじゃないんだろうか?と少し思います。遼河ルドルフを観劇した師匠の情報によると「はるひちゃんルドはそのへたれっぷりがすばらしい」とのことでした。明日海さんは……ヘタレではなかったと思います。

そして主役のトート様ですが。さすがトート閣下、色気のあるビジュアル系でした。閣下の椅子とかすごいパワーアップしてるような気がしたのですが、気のせいでしょうか?第二幕の銀橋中央の「私が踊るとき」のシシィとのデュエットで最後にぷいっとふられたあとの閣下の表情がツボだということに最近気付いたのですが、今回のトート閣下の「ふられちゃったよ」というあの表情もすばらしかったです。これはトート閣下の数少ない萌えポイントでございます。

一方のヒロインの特出エリザベート、事前に仕入れた情報によると若干歌に不安の残る部分があったらしいのですが、私の時はそーんなに危険だなぁとは思いませんでした(注:最近宝塚での歌の許容範囲がとても広くなってます)。ちょっとはらはらした部分もありますが「わたしだけに」も大外しはなかったです。……ヒロインの歌にはらはらしながら鑑賞しなければいけないのもどうかと思いますがよしとします。
少女時代のシシィがとてもかわいくて、これはとてもツボでした。大人になってからもきりっと凛々しかったのが素敵でした。

ルキーニのこわれっぷりもなかなかに迫力がありましたし、ゾフィーの城咲さんも何かを捨てたようなその表情にとても感心してしまいました。ハンガリー革命家三人組も目の保養ー遼河さん背が高いーと見ほれたりして、なんのかんのと忙しかったです。

一度見てしまうと、ルドルフ役替わりを全種見たくなる誘惑に駆られますが無理なのでさっさとあきらめます。今日は立ち見がすごかった。
師匠がDVD!とか叫んでおられたので鑑賞会が開催されるかもしれません(観に行こう……)。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / エリザベート

Search
Feeds
Meta

Return to page top