Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / フィフティ・フィフティ

宝塚-花組 / フィフティ・フィフティ

花組のバウ公演「フィフティ・フィフティ」を見てきました。
諸事情で大劇場と二本立てだよ!後悔してないよ!とても疲れたよ!(もうしない)
華形さんと真野さんの並びを見られると言うだけでどきわくでしたが、期待以上に面白くて観に行けて良かったです。

カウちゃんとブル君(※牛の着ぐるみ)がかわいすぎました。

コメディらしいと聞いていたのですが、かなりコメディでしかも結構笑えました。大爆笑というより腹筋トレーニング系のコメディで……、時事ネタが多いしかなりセンシティブな部分もあったので、気に食わない人は思いっきりダメでしょうが(コメディ以外のシリアスな部分でも)、個人的にはかなりツボりました。「ミサイルが怖いのはその破壊力ではなくてどこに落ちるか分からないところだ!(意訳)」というような内容がまさかタカラヅカで聞けるとは……。

なにはともあれ、華形さんと真野さんのコンビがすばらしすぎます。目の保養はもちろんのこと、この腐れ縁というかナイスコンビ的関係がとても素敵だ!
そして今回ツボすぎたのは華形さんの好青年っぽいお衣装(注:ただし詐欺師)。こうさわやかで好青年っぴうけど実は詐欺師とかギャップがたまらない。真野さんは真野さんでジゴロな結婚詐欺師で妙な色気を振りまきつつもはちゃめちゃ牧師になりすましているところか、めっちゃ面白かった!
女性陣もかわいらしくたくましく、村の人たちもおもしろい人が勢揃いで息つく暇もありませんでした。
そして特筆すべきはやはりブル君とカウちゃんだなぁ。ペアダンス(というのでしょうか?カップル数組が踊るところ)で普通に牛カップルがいることに違和感がない程度の活躍ぶりで華形さんたちを見たいのに思わず目が釘付けになりました。……いいのかタカラヅカ。

前半はかなり笑えるところ満点だったのに対し、後半はシリアスモードに移行。まさかここまでシリアスにしめるとは思ってもみなかったです。これは、涙腺弱い人は崩壊の危機があるかもしれない……。最後の最後は無事のハッピーエンドで良かったです。華形さんサイドの締め方はなるほどー、ともいつつ、真野さんサイドの締め方にちょっと意表を突かれました。

華形さんと真野さんに惚れ直して帰ってきたのでありました。次の花組も楽しみ……だ……なぁ、アンドレ編だ、けど……(フェードアウト)。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / フィフティ・フィフティ

Search
Feeds
Meta

Return to page top