Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / ME AND MY GIRL

宝塚-花組 / ME AND MY GIRL

花組の梅田芸術劇場公演「ミー&マイガール」を観てきました。
最初は観るかどうか迷ってたんですが、壮さんがジャッキーを演じられると聞いて!
……嘘です買ったチケットの日が壮さんのジャッキーでした。

ミーマイなので鉄板で面白かったんですが、いろいろ驚きの公演でした。

■驚き1→帽子が客席にとんでった
真飛さんのビルはかなり軽めにコメディでした。面白かった。
そして序盤で帽子が客席に跳んでいきました。テーブルの前でサリーと二人で「ミー&マイガール」って歌いながらタップ踏むというある意味山場のところで。

■驚き2→桜乃さんの歌がっ!
すいません先に謝っておきます。私、今まで桜乃さんの歌は決してうまいと思っていないというかむしろとても残念な歌だorzとなることが多かったんです。だから桜乃さんのサリーか……ソロ多いのに大丈夫かなぁと思ってたんです。だがしかし!今回のサリーは歌がすごい良かったのです。揺れるところが全くない。最近の私のタカラヅカ耳は腐ってきているということを差し引いてもすごく安心して聞けましたですよ。
ある意味感動した。

■驚き3→壮さんジャッキーは肉食獣
もともとジャッキーはとても濃~いお姉様だと思ってるんですが、肉食獣でした。
見た目とてもおきれいなのに言動が男前。地声もお低いのかとてもドスのきいたジャッキーでした。
そして、フィナーレで愛音さんと組まれたところ、逆じゃない?と思いました。
愛音さんのジョン卿もコメディながら妙に格好良かったりしてよかったなぁ。

パーチェスター弁護士は面白いなぁとか、最後のあっさりしたフィナーレはこれはこれでいいなぁとか、一花ちゃんかわいいかわいい!エトワールだやったー!とかいろいろありますが、総じて面白かったです。

そして、私は執事を追いかけるのはもうそろそろやめた方が良いと思う……。夏美さん執事とても素敵でした(気を抜くと執事か弁護士かジャッキーを追いかけていた)。

もうそろそろ宝塚で執事モノありませんかね!(正座

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / ME AND MY GIRL

Search
Feeds
Meta

Return to page top