Home > お気に入り | 作者名 は行 | 本の感想 > 碧空の果てに / 濱野京子

碧空の果てに / 濱野京子

ユイの王女メイリンは父王に結婚を迫られ、弟の乳兄弟とともに国を出奔する。行くあてのない旅でたどり着いたのは賢者の国シーハン。シーハンでは民に選ばれた若き首長ターリがその頭脳を駆使し、国を守っていた。メイリンは女であることを隠し、ターリの従者として足の不自由なターリの足代わりとなって仕えることを決意する。

男装の胸キュン物語でした(正座)。おもしろかった!

ついったーでななきさんSttelaさんの釣りに見事に引っかかりました。
その人並み外れた怪力ゆえに婚期を逃しかけ、むりに婿を押しつけられそうになったため見聞の旅に出てたどり着いた先で自分の居所を見つけたメイリン。人前に出ない首長だったターリがメイリンに触発され、外に出て、そして自分の足で歩こうとする姿と思わずぐっと来てしまうシーンが多かったです。
あらすじを読んだ限りもうちょっとどっしりと話が進んでいくのかなぁと思っていたんですが、本筋自体はかなりさくっと進んでいくので読みやすい。さらっとしていたものの、ターリがどうやって強国アインスの侵略を交わしていくのかというところはクライマックスの差し迫り具合といい手に汗握りました。

で、胸キュン成分は高速展開だったもののお腹一杯ですごちそうさまです。恋を知らないメイリンがシーハンで世話になった貴族フェイエに始めて感じた「男性」のへの恋心と、ターリに感じる愛情。そして今まで周囲にいないタイプのメイリンの行動力と、そして負けずに従者を続けるその根性に次第にほだされていくターリ。ターリのデレが予想よりずいぶん早くて(こんなに早くデレていいのかと数分悩んだ)とてもびっくりしましたが、メイリンがターリの謎行動にちょっとびっくりというかあせるというか全く気付いていないところにちょっとニヤニヤしました。小ごろごろ。
ラストも「めでたしめでたし」ではあるものの、ストレートな「めでたし」ではないところがよいですね。女は強しといいますか。ヒロインポジションがターリ様なので全く違和感ないことに気付いてひとりで笑ってしまいました……。

一つ残念なのが「怪力」は特に背景がなかったことかな。特にこれといった理由(そういう民族がいるだのなんだの)もないようで(裏設定でありかもですが)、ちょっとここはもやもやが残りました。

碧空の果てに
濱野京子
角川書店 銀のさじ
ISBN:978-4-04-873945-0
bk1/amazon

Home > お気に入り | 作者名 は行 | 本の感想 > 碧空の果てに / 濱野京子

Search
Feeds
Meta

Return to page top