Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / カサブランカ

宝塚-宙組 / カサブランカ

宙組の大空さんと野々さんお披露目公演で名作映画を初ミュージカル化の「カサブランカ」を観て参りました。
何回もここで醜態をさらしているので今更ですが、私、ある時期に大空さんに完全にノックアウトされているのでもう本当に楽しみにしていたんですが……
    生きてて良かった!
とか思ったとか思わなかった感想は続きです。いつも内容ないですが、今回も案の定内容がないです。

■いろいろ格好良すぎる件(人物面)をひとまず
リック(というよりむしろ大空さん)がかっこよすぎてですね……!なにその襟立てトレンチコート!後ろ姿!帽子かぶってお顔よく見えないけどかっこいいとか反則!白いシャツだけで色気とか!酔っぱらいすぎて絡むとか!従業員に慕われまくってるとか!ルノー署長と仲良すぎるとか!
蘭寿さんのラズロも内に秘めたる情熱がとてもかっこいいですね!その傷は男の勲章!話の展開上リックとの絡みが少ないんですが、あのちょっとだけの絡みでも二人並んでるのを流れるだけで眼福であります。
シュトレッサー少佐のあの悪役ぶりといったら!悪役かっこいい。
そして個人的に(この前の博多座で)ドキュンと来た十輝さんの片眼レジスタンスっ!ちょっとこれリックとの絡みがすばらしすぎるっ!現代カサブランカのナイスミドルのオジサマも素敵だったけどセザールがツボすぎた。
私にしては珍しく、カフェの店員さんの主立った所の人はだいたい把握できてたんですが……皆さんかっこいいですね!みんなリックを好きすぎる。そして、やっぱり圧巻は萬さんの美声だなぁ。いいなぁ、すばらしいなぁ。

そして格好良すぎるとはまた別件ですが、北翔さんのルノー署長がすばらしいですね。あの胴回りがすばらしい。フィナーレもあの胴回りを若干期待したのですが、キラキラしてました……。あのお腹の中にはいろんなものが詰まっているに違いない。

■演出がいろいろと格好良すぎる件について
小池修一郎すごい!と本気で思いました(色眼鏡で前が曇っているかもしれません)。
あの映像の使い方、すごいです。飛行機の離発着がここまでうまく表現できるとは。
そしてリックのカフェをお盆回して表現したところも。場面転換が結構多いんですが全部流れるようなスムーズさで、幕がおりたのがほとんど無かったのではないかと。というかこれ、あの往年の「ベ」からはじまって「ら」で終わる演目にも援用したら(略
国歌合戦はとても迫力で気持ちいいし、パリの場面も迫力!群衆シーンの迫力がとにかく凄かったので宝塚ならではの人海戦術をうまく生かしておらるなぁと思いました。

■思わず転がりそうになった件について
「君の瞳に乾杯」があると聞いていたのですが、実際に聞くまでは半信半疑、いくらヅカでも浮くやろうと思ってたら馴染みすぎてびっくりした!3回も言ったよ、3回!
あと、もう一つ胸キュンの台詞は「君の瞳に乾杯」とセットかいな、と思った「君を見ている(見つめてる?)んだよ」とかいうあの台詞。わー見つめられたら正気を保てない(落ち着け)。
ちょっと調べてみたら、「君の瞳に乾杯」の大元が”Here’s looking at you, kid.“なので大元の言葉を直訳したバージョン、ということでしょうかね?とにかくどちらにしても心臓に悪い一言です。

■全般的なこと
ミュージカル化にあたってパリ時代の肉付けとかラズロのレジスタンス活動などの描写が増えて、いろいろすんなり受け止められるようになったところはとても良かったです。特にパリ時代の二人の出会いは良かった!セザールがいたのもよかったけどなんかいろいろ宝塚っていいなぁと思いました。
……しかし、映画を見たときにも思ったんですが、リックとラズロの間で揺れ動くヒロインはよく分かるんですが……ヒロインの魅力がよく……わからん……なんであんなにもてるんですか!

■そのほかこと
最近気になるのは、蒼羽さんと星吹さんです。星吹さん、歌うまいなぁ……。
あと、今回のエトワールの人凄かった!鳥肌ものでした。
そして、組長ズキー的に今回の組長は魅力が生かし切れないと思いました……。

他にもいろいろと心臓に悪かったんですが、今日はこのくらいにしておく!

Comments (Close):6

tomekiti 09-11-23 (月) 21:35

ほほほぅ~~~~!
いいですねぇ、あの「べ」から始まる演目と同じお値段でそんな良いものが見られるとはっっ(笑)

いろんなところから情報を頂いてますが、
皆さん満足なご様子で、東京にくる来年1月がますます楽しみですよ♪
とかいいつつ、原作を全く知らないんですが、それでも大丈夫でしょうか???

さり 09-11-27 (金) 22:40

tomekitiさん、こんばんは!
お返事遅れて申し訳ありません。

っっもう良かったですよー!カサブランカ!男の美学!後ろ姿!
ショーがあるという点では「べ」の勝ちなんですが、まあなんですか、小池修一郎はすごい。

原作知らなくても問題ないかと思いますよ!原作よりよほど詳しいストーリー展開なので、話知らなくて困ったというオチにはならないと思います。
でも、原作観るとあれがこうなるのか!という驚きといいますか発見がありますので、それはそれでよいのでは、と。

tomekiti 10-01-24 (日) 0:10

すいません、つづけてこちらにも登場です(笑)
舞台の使い方、とっても上手でしたねー。
盆がぐるぐる回るとは聞いていたんですが、
舞台上にある大きなセリを2階に見立てていることに感動しました。
踊り子がパアッと舞台前に出てきて場面が変わったり。
ほんと、“べ”の演出家に・・・(略

ゆーひさんもスゴくかっこよかったですし、
ルノーさんも良かったです。
でも、ヒロインがあんなにモテモテな理由は・・・私もよくわかりませんでした。
「嘆きの天使」なんて、リック気障すぎだーーー(照)
ラズロとの半生なども取り上げられていれば彼女がどんな人物なのかがもっと浮き彫りにされて魅力がわかるのかもしれませんね。
珍しく2回観るので、今度はもうちょっと理解できるといいなーと思っております。

さり 10-01-24 (日) 10:46

続けて再びこんにちは。
本当に、あの流れるような場面転換には感心して小池センセを拝みたくなりました(正座)。
カサブランカ→パリ→カサブランカの場面転換とか好きすぎます。

大空さん、もう後ろ姿だけで再度フォーリンラブしてしまいました!
私、今回2回以上(具体的な回数は想像にお任せします)観に行ったんですが、同じところで何回も胸がキュンキュンしてとても疲れましたよ!心地よい疲れです。
もてもてイルザに関しては、彼女自身のエピソードが映画でも今回でも少なすぎて私は少し理解できませんでした。いやでもすみ花ちゃんかわいいから!二人がめろめろになるというのは何となく理解できますが(笑)。

もう一度観られるとのこと、うらやましいです!

tomekiti 10-02-06 (土) 20:21

こんばんはー!2度目の観劇&蘭とむ茶に行ってまいりましたよ♪

でも実は私はラズロさんは本当にいい人なのか疑問だったんです。
結論はとっても高潔で寛大な優しい人でした!(←遅い、汗)
蘭とむ茶ではキュンキュンしっぱなしで、
事あるごとに思い出しては家に帰って来てからもニヤニヤしっぱなしで、一週間楽し~~~く過ごせました(笑)

イルザの魅力については、もう一回みてもちょいとわからず仕舞いだったんですが、あの自分を抑え切れない想いが“恋”なのかな~~と思ったりしましたね。

次は『水の城』ですね!
なんであんなに東京公演少ないんだ!?とは思いますが、
なんとかチケットを入手して劇場に潜入したいと思います!

さり 10-02-06 (土) 23:37

tomekitiさん、こんばんは!

ラズロさんは直角に道を曲がりそうなくらいまっすぐな人っぽいですよ!腹黒では断じてない!
とブログを拝見して突っ込みました。しかし、お茶会楽しそうですねぇ。ブログを見ながらキュンキュンしました。萌え転がる感じで……!
本日、思いあまってDVDを購入してしまったんですが、イルザさんは「一生懸命さ」というか「ついていてあげたい」と思わせるような雰囲気があるように思いまして……、まあどこでどう落ちるか分からないのが恋ですからね!

シャングリラは東京一週間ですか!それはなかなか厳しそうですねぇ。しかし、あのポスターからしてもう期待に胸が押しつぶされそうですっ!チケットは確保できましたので、鼻の下を伸ばしながらニヤニヤと見てきたいと思います(休みも取った)。

Trackbacks (Close):2

trackback from 多趣味が趣味♪ 10-01-24 (日) 0:02

宝塚宙組公演『カサブランカ』?…

NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター  ミュージカル『カサブランカ』2010年1月 脚本・演出・・・小池修一郎 《CAST》 大空祐飛 野々すみ花 蘭寿とむ 北翔海莉 悠未ひろ 十輝いりす 花影アリス 春風弥里 鳳翔大 凪七瑠海 萬あきら ほか 『カサブランカ』ついに観てきました〜! 全く映画を見たことなくて、ストーリーすら知らなかったんですが、 評判いいなぁと思っていたので、とっても楽しみにしていました。 ゆーひさん、カッコ良かったですよぉぉ〜〜〜! トレンチコートの立ち姿が本当にカッコイイ…

trackback from 多趣味が趣味♪ 10-02-06 (土) 20:22

宝塚宙組公演『カサブランカ』?…

2階席かな〜と思っていたら、1階ひと桁だったよーーー(あわわ) 蘭とむさんのお茶会の日に、そんな幸運な2度目の観劇に行って参りました。 やっぱり前の席だと迫力が違う! 群集のシーンで銀橋にバーーーっと並ぶとスゴイ。 『エリザベート』の“ミルク”を思わせます! リックの店のシーンも色んなところで色んな人がお芝居をしているので 何度見ても楽しいですよね。 私は上手の座っていたので、なんとなく上手のバーが気になってちょいちょい見ちゃいました。 『逆転裁判2』で名前と顔を覚えた春風弥里がバーテン役でいたし。…

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / カサブランカ

Search
Feeds
Meta

Return to page top