Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > 光炎のウィザード 未来は百花繚乱 / 喜多みどり

光炎のウィザード 未来は百花繚乱 / 喜多みどり

元師匠のヤムセに「誘拐」されたリティーヤは、ヤムセとロードマスターと共に《昼》の石版の謎を解く手がかりを求め、蛇の一族の遺跡に向かう。リティーヤを取りもどそうとする《学園》は、リティーヤを追いかけ、そして台座に石版を戻そうとする《風と八月党≫を食い止めるため追跡チームを結成する。

納得のハッピーエンドでいろいろ圧巻でとても満足でした!

のーてんきな弟子とむっつり甘党師匠が世界の存亡をかけた魔術との謎に挑む光炎のウィザードシリーズ最終巻。

いろんな人の見せ場に思わず熱くなったり、リティーヤと彼女の対比に切なくなったり、キツネとリティーヤの想いに涙したり、ちょっとそれ段階飛ばしすぎやろ!といろいろつっこみつつもニヤニヤしたりと忙しい最終話でした。最後までわりと遠回し(だけど、直球じゃない故に破壊力もすさまじい)な師弟愛と師弟愛以上のアレコレにとてもキュンキュンしました。ああ、お腹いっぱい。そしてどの人もそれなりに収まるべき所に収まった、よい最終話。約一名全く報われていない人がいますが、なんといいますか、ここらへんは少女小説の展開的にはそれしかあり得ない着地点なのでやっぱりねー、と[1]

≪学園≫やその他の勢力の関係も徐々に改善されていきつつも、みんなきっとこれからもあの調子でわいわいやっていくんだろうなぁとちょっと寂しくなりながら最後のページを閉じました。最後の最後までみんないつものノリで、楽しかった!その後の二人やその他の人のアレコレが、がんばれば読めるという[2]後書きを読んで悶々としています[3]。……しかし、これは、書くしか!

img光炎のウィザード 未来は百花繚乱
喜多みどり/宮城とおこ
角川ビーンズ文庫(2009.12)
ISBN:978-4-04-449519-0
bk1/amazon


  1. でも、やけくそ目の彼も好きです面白い []
  2. お手紙書いたら小話をいただけるらしい []
  3. ファンレターとか苦手 []

Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > 光炎のウィザード 未来は百花繚乱 / 喜多みどり

Search
Feeds
Meta

Return to page top