Home > 作者名 た行 | 本の感想 > プリンセスハーツ~誰も代わりにはなれないの巻~ / 高殿円

プリンセスハーツ~誰も代わりにはなれないの巻~ / 高殿円

アジェンセンを国に格上げするために策を巡らすジルとルシードだが、なかなか決定的な一打がでない。さらにそんな折、ルシードの腹心マシアスが失踪してしまう。次々と難題が降ってくる二人の前に提示された起死回生の一手は、ルシードに大きな決断を迫る策でもあった。

「可愛がる」がここまで引っ張られるとは!(しかも今回も終わってない)

プリハーの大事件の前の一旦休止のようなお話。一旦休止のわりにはマシアスの予想外の重い過去が明かされたり、パルメニアからの謎の接触やリドリスへの恩赦などてんこ盛りでそんなに一休みできませんでしてが……、なんというか、一難去ってまた一難の連続で気の休まる暇もありません。ルシードがマシアスやジルの助けなしにわりときちんと大公業をこなしてた所に純粋に驚きました(とても失礼)。

シリアスな場面ではうんとシリアスでしたが、個人的にはこのシリーズの最大のツボポイント「仮面夫婦のアレコレ」に凄くニヤニヤできたのでとても満足でした。前巻のジルの「可愛がりなさい」発言がかなり尾を引いてルシードに重くのしかかっていて、ルシードがどう対処するかがとても見物です。二人とも、互いに「仮面夫婦」という枠組みにこだわってるので一歩がなかなか踏み出せないんですが、もう絶対これは仮面じゃないよなぁと(毎度のことながら)あきれ半分、野次馬根性半分です。「仮面夫婦」の枠を果たして超えるのか、超えるとすればいつなのか!とそこら辺が気になって仕方がありません。

銃姫シリーズと連続して読んだので、直球でつながった!しかもこれか!と若干ヒートアップしつつ、ジルとルシードの今後、マシアスの行方、リドリスの真意、さらにパルメニアの内部で起こっているらしいゴタゴタなど気になる要素てんこ盛りで続きも楽しみです。個人的に一番気になる些細なことは、マシアスの「ティアラ」を可愛がる「極意」です(予想:ティアラは猫)。

imgプリンセスハーツ~誰も代わりにはなれないの巻~
高殿円/明咲トウル
小学館ルルル文庫(2010.01)
ISBN:978-4-09-452141-2
bk1/amazon

Home > 作者名 た行 | 本の感想 > プリンセスハーツ~誰も代わりにはなれないの巻~ / 高殿円

Search
Feeds
Meta

Return to page top