Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > 戦国恋歌 眠れる覇王 / 阿部暁子

戦国恋歌 眠れる覇王 / 阿部暁子

美濃の姫君・帰蝶は同盟の証として「うつけ」として評判の尾張の信長に嫁ぐこととなる。婚儀の当日、思わぬところで信長の心の機微に触れた帰蝶だが、些細なすれ違いで夫婦仲がぎくしゃくしてしまう。その上、信長を跡取りと認めない一派が弟信行を担ぎ出そうとする動きを見せて……

濃姫がしっかり者でかわいかったなぁ。

濃姫と信長の婚儀から桶狭間前くらい(と思うんですが合ってますかね?)を描いた作品。濃姫視点でじっくりと二人の関係を描いていて、読み応えがありました。濃姫の自分の役割を理解し、しっかりと信長を支えていこうとする姿と、彼に理屈ではなく心で惹かれていく姿が良かったです。

今回の信長像は、野生児というよりむしろ野生の動物。動物的感覚で自分の信じるものを信じ、行くべき道を行くという信長。しかし、心は繊細で傷つきやすく、そのために濃姫ともすれ違ってしまって……といろいろ少女小説的展開がなかなかに素晴らしゅうございました。濃姫は濃姫で一見ツンデレ気味のお姫様なので、このすれ違いカップルがつぼというかなんというか。

若干軽めにアレンジしてある歴史物なので、重たい展開の連続の割にはさくさく読めるのもよかったです。あと、市がかわいすぎる。めろめろになった!

img戦国恋歌 眠れる覇王
阿部暁子/明治キメラ
集英社コバルト文庫(2010.02)
ISBN:978-4-08-601382-6
bk1/amazon

Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > 戦国恋歌 眠れる覇王 / 阿部暁子

Search
Feeds
Meta

Return to page top