Home > お気に入り | 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > シャーレンブレン物語 はじまりの約束 / 柚木空

シャーレンブレン物語 はじまりの約束 / 柚木空

瀕死の重傷を負い行方不明になったユリウスを捜すため、ミナワ達は封鎖の解けた王都を後にする。暗殺者達に襲撃されアレクやキオとはぐれてしまったミナワは意外な人物から謎の招待を受ける。そしてそこには傷ついたユリウスが……

綺麗にまとまった納得のエンディングでした。よかった!

王都に蔓延する疫病、入れ替わった「癒し姫」、事件を影で操る「詩人」、そしてユリウスの「決意」とは……と最終巻にふさわしくいろんな物事が綺麗にあるべき所に収まった最終刊でした。おまけのカラーピンナップがとてもいい!

いろいろ見事に収まったのであんまり書くことがないんですが(もうとても満足している)、シリーズ開始当初は蚊帳の外にいたミナワが最後にはユリウス達と立ち向かい、そしてユリウスの「決意」を支えたということろがとても良かったです。ユリウスがミナワに心情を吐露する場面など、今までお互いの立場から抑えていた気持ちがあふれ出ていく所などは感慨深いものがありました。あ、あとユリウスは怪我でダウンしてるのでヒーローポジションはほぼミナワ。
事件の顛末についてはなかなかビターな結末でした。わりとほんわりしている雰囲気のお話ですが(おもにミナワが醸し出す雰囲気のおかげで)、締めるところは締めているのでこのビターさがまたいい調味料になっていたと思います。[奇蹟の力が人の手に、というユリウスの聖女としての最後の言葉]がすごく良かった。

しかし、最後の最後にこれだけはいいたい。エメ様とアレクの決着はついたんですかちょっとこれだけは短編集とか何かで明らかにしてほしいよというかたぶんあの全てあかされたときのエメ様の反応から何の障害もないと思うんですが実際の所はどうなんですか!(息継ぎなしで主張したいくらい気になる)。

imgシャーレンブレン物語 はじまりの約束
柚木空/鳴海ゆき
小学館ルルル文庫(2010.02)
ISBN:978-4-09-452149-8
bk1/amazon

Home > お気に入り | 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > シャーレンブレン物語 はじまりの約束 / 柚木空

Search
Feeds
Meta

Return to page top