Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > 王子はただいま出稼ぎ中 / 岩城広海

王子はただいま出稼ぎ中 / 岩城広海

とてつもなく貧乏な国・フォーレの第一王子ユートはもうすぐ嫁ぐ姉姫の嫁入り資金を稼ぐため、頑丈なだけが取り柄の従者イルを連れて隣国ニーザヘイムに「出稼ぎ」に向かう。ユートは正体を隠して剣術大会に出場し賭けでがっぽりもうけてさっさと帰ろうとしたが、街中で知り合ったタジェスという青年絡みでニーザヘイム王室にかかわる事件に巻き込まれてしまう。

主要登場人物の掛け合いが面白かったです。

第7回ビーンズ小説大賞優秀賞・読者賞受賞作品。なるほど、これは読者賞だなぁと思う作品でした。
五人の強力な姉にあごで使われる苦労性の王子様ユールとその従者、そして隣国の王子様が繰り広げるドタバタ……?ものかもしれません。主人公が女顔であることを大層気にしており、その割にはあっさり女装を受け入れるほどの度量の広さを見せつけつつ、何のためにいるのかよく分からない従者[1]がいろいろ突っ込みつつ、陰謀に巻き込まれて陰謀をかき回し陰謀を解決してしまうお話でした。食えない王子様タジェスさんがいい味出してたと思う。
主人公周辺の打てば響くようなやりとりが楽しかったですね。ポンポンとノリのいい会話でぐいぐい進んでいく。陰謀方面も何となくこうかも、でもなんかだまされてるような!といろいろだまされたような気がします。[2] あと、主人公が問答無用で強いのはアレのおかげ、でいいんですよねだって女の子に間違われるような子だしまさか普通に強過ぎるとかいうことはあるまい。

現時点でメインで女の子がでこないので残念!(きっとすごくツボにはまる元気な女の子が期待できそうな作者さんなんだ……)とかこれこのままいったらビーンズだしニアなんちゃらになってしまうのかもそれはいかなくていい!(個人的好み)とか何点か先行き不透明な部分がありますが、借金完済までほど遠そうなのでしばらく続きそうです。個人的には、姉たちにいびられる主人公の日常がとても読みたいです期待してます。

img王子はただいま出稼ぎ中
岩城広海/サマミヤアガザ
角川ビーンズ文庫(2010.02)
ISBN:978-4-04-455008-0
bk1/amazon


  1. もちろんその理由は後半に!であります []
  2. 非常に読みの浅い読者 []

Home > 作者名 あ行 | 本の感想 > 王子はただいま出稼ぎ中 / 岩城広海

Search
Feeds
Meta

Return to page top