Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 虞美人―新たなる伝説―

宝塚-花組 / 虞美人―新たなる伝説―

花の道の桜花組の「虞美人」を見てきました。
ストーリーもさることながら、個人的にはとてもいろいろ眼福すぎてとても満足です。娘役さんのお衣装がかわいかったんだ!
ツボは張良と劉邦でした。
あと、花の道の桜があまりにもきれいだったのでとりあえず冒頭にどどんとはっておきます。

歴史上の事実としてしか楚漢戦争を知らないし、登場人物がすっごく多いし混乱しそうということで、司馬遼太郎の「項羽と劉邦(全三巻)」をがっつり読んでから行ったので、主要人物は誰が何だか分からないとか、話がとんで意味不明とか分からなくなることはなかったです。ただ、本を読んだときにも思ったのですが、時代が時代だけこの人達の土台とする思想がよく分かっていないというのもあって若干考えているところが意味不明というのがありましたが……そんなところはどうでもいい、とにかく項羽と劉邦がよいライバルでした。

項羽さんはまっすぐ生きすぎた人なんだなぁと思いました。序盤は嫉妬して虞姫にえらいことするし、まっすぐさを利用した張良のわなにこてんとはまっちゃうし。カリスマ性のある軍神的ポジションがすっごいはまってて真飛さん凄いっ!と思いました。まっすぐな熱い役が似合うなぁ。あと、「がおー」の所には不覚にもキュンとしてしまいました。
対するヒロインの虞美人。さくらのねえさんの退団公演ということですっごいオーラがでてた!儚げオーラ!美人オーラ!個人的には尽くす女というのが苦手ですがなんかすごくよかったよ!
続いてツボポイントの劉邦さん。情けないところとか人タラシのところとかすっごいよかったです。壮さん、この人楽しんでやってるんじゃない?と思うほどノリノリで見ていて面白かったです。
一番のツボポイントは劉邦の軍師・張良先生だったりします。前々から思ってたんですが、どれだけ暑苦しい舞台であろうと未涼さんの周りだけはすっごいさわやかな風が吹いてますよね……気のせいじゃないと思う。物腰丁寧だけど侮れない軍師が似合いすぎていました。

組み合わせで言えば虞美人と項羽よりも項羽と劉邦(義兄弟的に)……じゃなくて韓信と桃娘がツボ、ツボ!男装の麗人とかそういうくくり抜きにしても、桃娘さんのかわいさにキュンキュンしてしまいました。それと比例するがごとく華形さんの悪役っぷりにニヤニヤしてしまいました。性格悪い悪役凄い凄い。よく考えてみると韓信があんまり活躍してなさそうな気がしますが。あの愛の告白シーンでチャラということにしておこうと思います。

フィナーレもとても満足でした。今回確信したんですが、私、男役さんのチャイナ服好きみたいだ(参照:ネオ・ダンディズム!)。今回はチャイナ服っぽいスーツとお帽子でしたが、めっちゃつぼったかっこいい!デュエットダンスもよかった!さくらのねえさんに惜しみのない拍手!そしてエトワールの一花ちゃんかわいい!ようやく娘役さんの綺麗なお衣装!とウハウハしながらの観劇でした。

総評:なんのかんので結構好き。

Comments (Close):4

tomekiti 10-04-07 (水) 16:42

こんにちは!どうもお世話になってます。願いが叶いそうな感じです!ありがとうございます!

さて『虞美人』ですが楽しみです~♪
ゴージャスそうだし、見応えありそうですもの。

>韓信と桃娘がツボ
私にとってもこれはツボだと思います!
絶対キュンキュンすると思います!

ところでチャイナ服がお好みというさりさん。
先日の宙組『シャングリラ』で、ちーちゃんの変装しているチャイナ姿、カッコ良くなかったですか!?
私は最初変装だということに気がつかず、後ろのほうにやけにカッコイイ男役さんがいるなーとヌケたこと考えていたら、ちーちゃんだったんですよー。
中折れ帽+チャイナ。あれは惚れますな!

さり 10-04-08 (木) 22:32

こんばんは~。
うまいこと行きそうですか!それはよかった。またレポート楽しみにしてますね!

虞美人はお衣装がとても華やかで目の保養でしたよ。お話もがっつり骨があり、見応えありでした。
韓信と桃娘には是非キュンキュンしてください。……私は張良にさらにキュンキュンしてましたが……!

シャングリラの霙と雹のチャイナ服にはキュンキュンしてました。
私も同じく、一度目の観劇では妙に地味でかっこいい兄ちゃんと姉ちゃんがいるなぁと思ってました(笑)。
そしてしばらく主要人物と全く気付かなかったという。
中折れ帽+チャイナの組み合わせは最強ですね!ネオダンディズム見たくなってきました。あのOPは神です。

tomekiti 10-05-05 (水) 21:12

虞美人見てきましたー!
張良(ちょうりょう)がメチャンコかっこよくて惚れました・・・!
でも、まとぶんファン的には“憎まれ役”らしいですよ。
確かに彼がいなければ、劉邦に負けることはなくて、
項羽側は誰も死なずにすんだんですもんねぇ。

さり 10-05-06 (木) 22:30

tomekitiさん、こんばんは。
張良良かったでしょう……!あのさわやかな笑顔でえぐいことやる先生に胸キュン。

本を読むと、張良さんのとらえ方もちょっと変わりますよ~、いや1回しか読んでないしそんなに深く読み込んでいるわけでもないのですっごく表面的なところでしかとらえてませんが。
項羽と劉邦の結末は、なるべくしてなったのだなという感想が……!

とあんまり小難しいこと書くとアホがばれるのでこのあたりで!機会があればまた読んでみてください~(と、読まれていたらすいません)

Trackbacks (Close):1

trackback from 多趣味が趣味♪ 10-05-05 (水) 21:05

宝塚花組公演『虞美人』−新たなる伝説−…

ミュージカル『虞美人』−新たなる伝説− 〜長与善郎作「項羽と劉邦」より〜 脚本・演出・・・木村信司 《CAST》 真飛聖 桜乃彩音 壮一帆 愛音羽麗 未涼亜希 華形ひかる 桜一花 真野すがた 花野じゅりあ 夏美よう 朝夏まなと 蘭乃はな ほか  本当は来週のチケットを取っていたんですが、 えりたん茶の前に見ておかなければ〜〜〜ってことで、 あわてて観に行ってきました。 そんなわけで、 ついえりたんの劉邦よりの目線になっていたのかもしれないんですが、 張良(ちょうりょう)@まっつが、メチャかっこ良かっ…

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 虞美人―新たなる伝説―

Search
Feeds
Meta

Return to page top