Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「TRAFALGAR」「ファンキー・サンシャイン」

宝塚-宙組 / 「TRAFALGAR」「ファンキー・サンシャイン」

宙組公演「TRAFALGAR―ネルソン、その愛と軌跡―」「ファンキー・サンシャイン」を見てきました。

ソーラーパワー!

にあっけにとられた感想は続き。感想自体も「ソーラーパワー!」みたいな感じなので適当です。

■ TRAFALGAR―ネルソン、その愛と軌跡―
金髪、軍服、海軍と三拍子揃いすぎてこれはもうビジュアルの勝利……!ととても期待してましたが、期待を裏切らず素晴らしい金髪軍服に寿命が延びました。
何がかっこいいって、やっぱり軍服ですよね。プロローグ最高。軍服は正義。海軍は正義。素晴らしい。
だいたいどこを見ても軍服なのでもうそれだけで涎が止まりません、軍服バンザイ。
ネルソンはかっこいいのでとりあえずおいておくとして、悠未さん扮するネルソンの副官に目が釘付けでした。久しぶりの脱悪役!ということか凄く楽しそうだったんですよね。他にも、ネルソンの部下達がみんなわんこみたいで可愛いんだこれが。苦悩する十輝さんの王子もとりあえず軍服でかっこいいし……、眼福公演でありましたよ。
対するナポレオン陣営は、蘭寿さんなのでやっぱり無駄に熱いナポレオン!野心ぎらぎらで熱かったです。ナポレオン兄妹達のいやんな小姑も面白かったです。
「その愛」の部分は、身も蓋もない言い方をするといわゆる不倫、ですがそこらへんはおいておくとして、すみ花ちゃんがすっごくかわいくて本当にどうしようかと思いました。今までもずっとかわいかったんだけど、今回本当にとってもキュートで小悪魔的なかわいさで!世紀をまたぐあのシーンの白いドレスが本当に可愛い!
まー泣かないでしょうと思ってたトラファルガーですが、実はネルソンさんとこの父と息子のとこでうるっときました。今回、息子さんの人が一番おいしいかもしれない……よい息子だ。エマとのラストよりも娘とのアレにもうるっときてたりと、家族モノにとても弱いです。

「ビクトリーを」とか、ネルソンの有名な台詞とかそこはわざわざ英語にしなくても!とか、その肖像がはちょっとおかしいとか、突っ込みたいところは多々あれど、とりあえず格好良かったからまあいいや。

■ ファンキー・サンシャイン
\ソーラーパワー!/

以上そんな感想で終わってもいいんじゃないかというショーでした。ショーのタイトルが発表されたときは「ファンキー」に目が釘付けだったんですが、ファンキーなんて序の口だったぜ……!これを見た日に他の方々といろいろおしゃべりしたんですが、「ソーラーパワー」がショーの名前として認識されている程度に大人気でした。
細かいところはさっぴいて、総じて考えると「たのしかった!」の一言に尽きました。あちゃーと思うところもあれど、なんかどうでも良くなるほど楽しいところがあったとかそんな感じで。特に蘭寿さんのいろいろが楽しすぎました。七三分けの懐かしのあのメロディーの連発に(よく知らないながらも)ノリノリになったり、プラズマの所のがっつりダンスにあっけにとられたり。特にプラズマのダンスは凄いですよ!圧巻でした。
そして忘れてはならぬ最後の燕尾!なんと今回は腕まくりで燕尾群舞ですよ!かっきょえー!ここでも悠未さんに目が釘付けすぎました。寿命が延びました。

お芝居とショーの組み合わせはやっぱりいいなぁと思った宙組公演でした。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「TRAFALGAR」「ファンキー・サンシャイン」

Search
Feeds
Meta

Return to page top