Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / はじめて愛した

宝塚-雪組 / はじめて愛した

雪組の音月さんお披露目のシアタードラマシティ公演を観て参りました。

ヒロインがちゃんとヒロインだった!白衣!上滑り気味の刑事!板挟み署長!主人公を裏の世界に引っ張ってきた未沙さんのおとぼけ演技っ!眼光鋭い音月さんっ!となんだかいろいろうはうはでした。表の顔と裏の顔をもつ主人公とかそれだけでおいしいですよね。
最後まさかそのままえーってとこで終わるの?っていうところでちゃんと私好みのエンドマークが付いたのは良かったです。あと、ミニフィナーレが結構長めだったのもよかったですね。

しかしながら、私、どちらかというとキッラキラの宝塚が好きなのとその他諸々でちょっと今回の公演は消化不良感がありまして……、ハードボイルドも格好良くて好きなんですけど、好きなんですけど!
でも、最近の正塚さんの作品って全部同じ路線ですよね……?たしかに味があってかっこよくて宝塚でしか味わえない陶酔感はあるんですが、違う毛色のも観たい。もうそろそろ若干滑り気味のコメディ(新作)観たいんですが、次に期待していいですか?舞台が毎回こうも全体的に茶色いのはなんだか物足りない……。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / はじめて愛した

Search
Feeds
Meta

Return to page top