Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]モーツァルト!

[ミュージカル]モーツァルト!

梅田芸術劇場公演の「モーツァルト!」を観てきました。
役替わりのキャストは、ウォルフ:井上さん、ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風さん、アマデ:黒木くん(ちゃん?)の回。

とにかく圧巻、の一言に尽きるミュージカルでした。皆さん歌うまさんばっかりでどの歌も聞き応えがあるし、アンサンブルの人数も多めなので大人数のシーンでは大迫力。
父と子の確執、姉の愛と嫉妬、悩むモーツァルト、そして大司教様の怪演(少なくとも、私には怪演だったよ!すごいけど笑える的な←馬車のシーンとか)、モーツァルトの才能の化身・アマデの喋らないのにこの存在感!といろいろすごかったです。アマデかわいかったなぁ。お話中は怒ってるか無表情かのどっちかなんだけど、カーテンコールの笑顔にほっとしてしまいました。
モーツァルトの命を削って作品に取り組んでいる姿が、痛々しく壮絶で。天才の孤独の一部が垣間見られたように思います。

どのソロも聴き応えが合ったんですが、一番印象に残っているのは男爵夫人のソロ。♪夜空の~の部分。これはちょっと中毒性が……。私の青春(笑)のSPEEDの寛子ちゃんも、夫人になってからの髪型がどうも丸くて残念だなぁと思ってるんですが、それまでのイケイケのお嬢さん状態はかわいかった!です。歌い方がひとりだけ少々J-POP風なのが残念だったんだけど。
演出家でプロデューサーでモーツァルトの友人、エマヌエルさんのエンターテイメントな盛り上がりもすごかったです。こういうの大好き。

片一方のウォルフを観ると、もう片方のウォルフを絶対見たくなるっっっ!と私が観る前に行った人が絶叫してたんですが、確かにこれはもう一人のウォルフも観たくなる……けど、今回は1回こっきりでおわり!いい物観られて良かったです。

あとですね、とある男性アンサンブルに私のイケメンセンサーが超反応したんですが、パンフも何も買っていないので名前が分かりません(笑)。たしか、魔笛で王子役してたと思うし、カーテンコールでは上段で緑のお洋服着てた(遠くからでもちゃんと確認いたしました)。また、他のミュージカルでもお見かけする日を心待ちにしております。

そして最後に付け加えるとしたら……実は、楽しかったんですがむかむかしながら観てたのも事実。モーツァルトに群がるあの一家、ああいうタイプめちゃ苦手というかむしろなんというかで……いやファンタジーというか演出なのはよく分かってるけど!不遇なモーツァルトがさらに不遇に見えていろんな意味で涙しそうになりました。才能のある人って、恵まれないんだなぁ……。

Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]モーツァルト!

Search
Feeds
Meta

Return to page top