Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / ロミオとジュリエット

宝塚-雪組 / ロミオとジュリエット

雪組さんの新春公演、ロミオとジュリエットを公演期間も終了間際に観て参りました。

梅田で初演の星組さん版を観たときに、これは大劇場でやると迫力だろうな!(人数とかそこらへん)と思っていましたが、たしかに大迫力でとても面白かったです。

ストーリーその他は超鉄板なので置いておくとして、なんというかすごい、の一言だなぁと思いました。
話を知っているはずなのに、宝塚版は観たことがあるはずなのに、結末は分かっているのに若々しいふたりの激しくも悲しい恋にぐいぐい引き込まれました。やっぱり音楽が名曲が多くて、観ていて楽しくなってしまいます。
もちろんふたりの愛の歌も名曲なんですが、個人的には最初の「ヴェローナ」が一番好き。何かが起こりそう!というワクワク感がすごくあって好きなんですよねぇ……大公かっこいいし。

そう、今回の個人的ツボは以前から気になりまくっている未涼さんに加えて、今回は大公というダークホースが(笑)。渋い大人の魅力に思わず本気で追いかけてしまいました。大公、かっこいい……。治めている土地がこんなギャング共の抗争でえらいことになっていて同情を禁じ得ません。

音月さんのピュアなロミオのきらっきらぶりはもうぴったりで、思わず溜息。そして私が観たのは舞羽さんジュリエットなんですが……このジュリエットがかわいい。もう観ているこっちが溶けてしまいそうなくらい恋する乙女でした。ちょっとじゃじゃ馬っぽくて、ロミオへの恋心にワクワクどきどきしてという恋する乙女っぷりが大変かわいかったです。
愛と死は、やっぱりツンデレカップルと思うのですよ、私は。最後の最後のサシの勝負(ダンス)、ツンが最後にデレた!と一人で興奮してました。愛かわいい、めちゃかわいい。

今回は大劇場版なのでフィナーレも付いていて、これも期待通りで良かったです。やっぱり宝塚はフィナーレがあるとテンション上がりっぱなしで帰られるので好きだ。フィナーレは全体的に素敵だったんですが、最後の方で愛と乳母さんがドレス姿で男役陣と踊られるところ、みんな普段は男役!でかい!と思わず笑ってしまいそうになりました。……いや、ここのふたりもとてもおきれいでしたが。パレードの白いお衣装も綺麗ですきです。乳母さんがあの乳母バージョンの白いドレスでこれもなんというか、豪華。
しかし、相手役が固定していないのでデュエットダンスがないのが残念でなりません。宝塚はトップコンビというモノがあった方がしっくりしていていいと思うんだけどなぁ、とか外野からのつぶやき。

そして、やっぱり小池修一郎はすごい!と思った次第です。場面展開が本当にスムーズで、いつの間に変わってたの?と後からふと考えてしまうほど綺麗に流れていくんですよね(もともとの演出もあるとは思いますが)。そして、盆が回る回る、くるくると。前回の大劇場公演、なんだか物足りないなぁと思っていたんですが盆の回り具合が足りなかったようです(私の記憶が確かなら、ただの1回も……)。回る盆はなぜかそれだけでワクワクしてしまう……。

雪組さんのロミオとジュリエットはジュリエットが役替わりとのことで、両方とも観たいなぁと思っていてうかうかしていたら休日分の前売り券が完売してしまったので1回のみの観劇となりました。人気があるのは、いいことだ!けどこれまた残念でなりません。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-雪組 / ロミオとジュリエット

Search
Feeds
Meta

Return to page top