Home > 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > 薄桜鬼 壱 / 矢島さら

薄桜鬼 壱 / 矢島さら

京都で消息を絶った蘭方医の父を捜すため、江戸から単身京都に上ってきた千鶴は、夜の都で新撰組に命を助けられる。しかし、新撰組の「秘密」を目撃してしまった千鶴は、屯所へ軟禁されることになり……

この段階で一番おいしいのは斎藤さん……。

昨年の夏くらいに見事に転がされてフルコンプし、年末にファンディスクまでもをとりあえずフルコンプしてしまった「薄桜鬼」のアニメ版をノベライズした作品。アニメ版は第2期の最後の方しか見ていないのでいろいろと新鮮に思いながら読んでいました。ゲームにはなかったけどこれはアニメにあったのかな?それとも小説オリジナルかな?と思うシーンがいくつかあって、どれもいい補完具合で良かったです。

私の一番のご贔屓(笑)の土方さんはまだデレていないのでそこら辺の破壊力はないのですが(というか、このお話前半はかなり殺伐……)、所々の土方さんのちょっと胸キュンエピソードに小転がりしました、ごちそうさま。あとは、ゲームでも思ってたけど、斎藤さんの発する何気ない一言が思いの外ツボですね。

お千ちゃんが好きなので、お千ちゃん出てくるよね!と次巻に期待。って3月に出るのか。

img薄桜鬼 壱
矢島さら/冨士原良
B’s-LOG文庫(2011.01)
bk1/amazon

Home > 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > 薄桜鬼 壱 / 矢島さら

Search
Feeds
Meta

Return to page top