Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / 「バラの国の王子」「ONE」

宝塚-月組 / 「バラの国の王子」「ONE」

月組さんの大劇場公演観てきました。

■バラの国の王子
かの有名な美女と野獣の舞台化。野獣のビジュアルどうなるのかな?と思っていたら、ビジュアル系の野獣でした。野獣さんの家臣団が人数が多くて、わらわらしていて豪華でした。娘役さんたちのカフェのウェイターみたいなすっきり具合がかわいかったなぁ(こういうの好き)。
案の定というかなんというか、ちょっとひつこい繰り返しはあった物のそんなに気にならず。全編ミュージカル仕立てで進んでいくので楽しかったです。一番楽しかったのは長女なんだけど……迫力!最後、親衛隊長(と勝手に思ってる)の青樹さんに絡んでいるのが面白かったです。そいえば、配役表を見てると名前があるのがヒロインのベルと青樹さんのアンリだけなんだ!

■ONE 私が愛したものは
私ががっつり宝塚を見始めてから、初めて新作ショーで宝塚賛歌を聴いたような、そんなショー。宝塚って素晴らしいね!という歌詞、聞いてるだけで恥ずかしくなっちゃう……好きだけど。まるでこれはサヨナラ公演かという歌詞だったような気がしますが。
で、なんというか。この演出家さんの作品、個人的にはあたりかはずれが非常に激しい方なんですが……今回は、ちょっと……。初っぱなの色彩感覚が理解できなくて、そのままずるずると。オーソドックスなところはいいんだけど、ちょっと極彩色になるとだめだこれ……。個人的な嗜好の問題なのでどうにもならんのですが。
いやでも、ペガサスのところの蒼乃さんめっちゃかわいかったし、そのか様のまさかのエトワールがあったりと要所要所に見所はあって楽しんでたといえば楽しんでたんですが。

でも、れっどほっとしーがツボにはまったのが奇蹟だったのかな、とかなんかそんな気がしなくもない。

そいえば、宇月さん、いろんなところで一列目にこられるようになったんだ……(応援してます)

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / 「バラの国の王子」「ONE」

Search
Feeds
Meta

Return to page top