Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / 「ノバ・ボサノバ」「めぐり会いは再び」

宝塚-星組 / 「ノバ・ボサノバ」「めぐり会いは再び」

星組さんの大劇場公演を観てきました。
名作の再演となにやら私好みらしいお芝居と、と非常に楽しみだったんですが、期待を裏切らない楽しさで非常に充実した観劇となりました。

お兄ちゃんとメガネの人最高!

■ノバ・ボサノバ―盗まれたカルナバル―
大層有名なラテンショーの再演。前回分は生で見たことはありませんが、テレビで放送しているのは見たことがありまして、主題歌もよく聞くので何となく知っておりました。
大変、大変失礼なんですが、テレビで見たときは、なんだか凄そうだなぁという位の感想しか持っていなかったんですが、実際に生で見てみると本当に凄いですね。全編歌い、踊り、はねる。圧倒されながらラスト近くのカーニバルのシーンまで息もつかず見ておりました。これは、演じている方はもちろん見ている方もなぜだか体力を使う、そんな公演でした。

メモ:(役替わり)オーロ/紅 ゆずる、マール/真風 涼帆、メール夫人/夢乃 聖夏、マダムガート/花愛 瑞穂

■めぐり会いは再び ―My only shin’ star―
既に観劇済みの方から「きっとあなたは好きに違いない!(特に兄とメガネの人)」と言われてたんですが、本当にツボでした。ドストライク。ジャストミート。ストーリー自体も、宝塚っていいよね、幸せだよね、と思えるようなハッピーストーリーで、そのすれ違いがたまらん!(ニヤヤニヤ)と微笑みながら観劇できるお話。そして何より主役からサブ、脇役までキャラクターがそれぞれ個性的で面白い!

正統派の柚希さん、かわいいけどちょっと生意気な夢咲さん(ツインテールは反則です)は鉄板なんですが、冒頭にも書きましたように涼さんの「ツン過ぎてデレる気配のない、ヒロインのクールなお兄ちゃん(オプション:お兄ちゃんを追いかけて花婿選考会に潜り込んだ男装ご令嬢)」と真風さんの「自分に自信がないため花婿選びに逃避した頼りない劇作家(オプション:メガネ)」がツボに入りすぎました。素敵ー!2.5次元ー!夢の世界ー!

お衣装素敵だし、端々に見られる何か近しいものを感じる台詞選び(「世間はどうせドジッ娘」云々)のセンスと少女漫画とか少女小説ズキにはたまらない展開の数々。そしてどこかで聞いたことあるなぁと思ってよくよく考えてみると、平井堅の楽曲をまんま使ってみたり(しかもよくマッチしてる)と、前回のドラマシティのシャングリラといい、私は小柳さんに付いていくことを固く決意した公演でした。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / 「ノバ・ボサノバ」「めぐり会いは再び」

Search
Feeds
Meta

Return to page top