Home > 作者名 か行 | 本の感想 > 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ / かたやま和華

怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ / かたやま和華

父が突如再婚相手を連れてきたことに反発するスズメだが、味方と思っていた結人も蛍もスズメに味方してくれなく、「レディ・キャンディを辞める」という置き手紙を残して家出を決行する。スズメの行方を捜す結人と、怪しい再婚相手を探る蛍は……

相変わらず執事がいろんな意味でおかしいです。

女学生と怪盗という二足のわらじ生活のスズメと、スズメの婚約者で怪盗を追う陸軍将校・結人のいちゃいちゃはちゃめちゃラブコメディ。最後の方まで話進まないのかな、進まないのかな?と思っていたんですが、ちょっと進んだ……?かもしれません(レディ・キャンディの宿命のライバル的に)。

父親が連れてきた怪しすぎる再婚相手や、スズメの反乱などございましたが、やっぱり一番印象に残っているのは変な態の執事の変な態な言動の数々。よくもまあこんなにリズムよくぽんぽんぽんぽん愛と笑いに溢れる言葉がでてくるなぁと感心してしまいます。執事につられてか、最近ブレーキがきかなくなったのかよく考えてみると結人さんもだんだんおかしな感じになってきています。合掌。執事主催の「公式ストーカー」の会まで発足しており、普通の人と思ってたあの人まで会員とか、普通の人が徐々にいなくなっていってる物語。

主役ふたりのらぶらぶいちゃいちゃは安心と安全の糖度を保証できるので、なんかもう今日は問答無用で甘いのが読みたいの!というときにはいいシリーズですね。話がもっと進むといいんだけどなぁ。

img怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ
かたやま和華/サカノ景子
集英社コバルト文庫(2011.05)
bk1/amazon

Home > 作者名 か行 | 本の感想 > 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ / かたやま和華

Search
Feeds
Meta

Return to page top