Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 茶々姫恋綺譚 / 智凪桜

茶々姫恋綺譚 / 智凪桜

信長の小姓・松千代は、手打ちにされてもおかしくない失態を茶々に助けられたことから、長い間茶々にほのかな想いを寄せていた。また、茶々は信長の使いとして定期的にお市や茶々姉妹を訪ねてくる松千代に次第に惹かれる。身分の差から茶々への想いは自らの胸に秘めることを決意する松千代だが……。

悲恋だなぁ……茶々だもんな。

前作(お市の方)の続編、だよね、という茶々姫と信長の小姓・松千代との初恋物語。
個人的には、乱丸さんが好きです。なんやかんやといいながら松千代をさりげなく助ける乱丸さん素敵(仕事しか頭にないけど)
越えられない身分差、そして茶々のその後を知っているだけに辛い話になりそうだなぁとか思いながら読んでたんですが、全般的に悲壮感は漂っておらず、「互いに思ってるはずなのになかなか近付かない距離感!」に悶々としました。松千代が茶々の為に香をたきしめるところが好きです。香ってロマンだなぁ。

お話としては面白いんだけど、ヒロインの年齢がもうちょっと上のお話しが好みかなぁというところはありますが(史実をベースにすると、どうしてもいろいろ苦しいところがでてきますから…)香のあたりがツボだったのでそれで帳消し!ということで。

img茶々姫恋綺譚
智凪桜/くまの柚子
小学館ルルル文庫(2011.04)
bk1/amazon

Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 茶々姫恋綺譚 / 智凪桜

Search
Feeds
Meta

Return to page top