Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「美しき生涯」「ルナロッサ」

宝塚-宙組 / 「美しき生涯」「ルナロッサ」

宙組の石田三成物語「美しき生涯」と中東ショー「ルナ・ロッサ」をみてきました。
ポスターからしてロックでブーツな時代物!といろいろ眼福に違いないと期待を込めて見てきたんですが、その通りで大変満足です。がんぷくー

■美しき生涯―石田三成 永遠の愛と義―
もう、その、ビジュアルが!三成の大空さんと疾風の凰稀さんのビジュアルが!垂涎!私、口閉じて!というかんじでした。わかりやすくいいますと……戦国無双の光秀?いやそれはストレートロン毛なだけだろうと、書いてて突っ込んでしまいまいたが、まさしくあんな感じなんですよね。三成と疾風だけ、ゲームから出てきたみたいで眼福眼福……ありがたやありがたや。大空さんと凰稀さんって、私の中で同系統の方なので、キャラかぶるんとちゃうかな……と思いながら見てましたが、実際見てみると、こう、二倍というか二乗!銀橋の同盟ソングとかこれもう垂涎もの過ぎて直視できないです。

お話自体は、三成と茶々の結ばれないふたり関係を軸に、ふたりを陰に日向にストークする忍びの疾風の神出鬼没ぶりに思わずつっこみたくなるお話。外部の方が作られたお話なので、どこか新鮮なところがあるのかなぁと思ってたんですが、宝塚大好きな方故か、がっつりどっぷりトラディショナル・宝塚のような気がしました(そんなに経験あるわけじゃないので、なんともいえないんですが、なんというか、雰囲気が)。とりあえず、青のカツラはないわー、りりこさまの歌を大変堪能したんですが。
悩む中間管理職・石田三成もとてもよかったんですが、茶々さんがかわいかったなぁ。三成との出逢いのシーンの生意気さが好き!少女茶々がこれかわくてみながらデレデレしてしまいました。

終始シリアス目に話が進むところ、七本槍がとてもアホっぽくて和みました。こいつら、いつ戦国最強連隊・五本槍とか言い出すのかビクビクしながら見てました。大坂城ロックは唯一の癒しだなぁ……

■ルナロッサ―夜に惑う旅人―
そして、ショーは前回のショートはうって変わってムーディーというかちょっと妖しい、中東っぽいところを舞台にした幻想的なショー。わたくし、わかりやすいもえが大好きなので幻想的なショーになると、ある程度以上になったらよくわかんなくてあんまり楽しめないんですが、これはツボだった!私にも分かる幻想ショー!
好きなシーンはたくさんあるんですが、とりとめないので羅列しましょう。

  • とりあえずはバザーのところが好き。猫かわいいねこ。猫の擬人化……もえるではないか(違)。
  • ナイトクラブのシーンも好き。ここでもりりこ様の美声を堪能。惜しいなぁ。でも、しっかり聞く。
  • 月下美人のところも目が離せない。主にゆうみさんの手つきが……なんだこのえろおやじ!(こうみえても、オペラで追いかける程度にファンです) ここの月下美人の凰稀さん、カツラが二種類ある模様ですが個人的には黒髪の方が好みです!(つまり、二種類見てる)
  • 祈りのシーンも、好き。(元々ショーが少ないんだけど)こういう大空さんあんまり見ないから、なんというか見ほれてしまう。うまく言えないけど、砂塵の皆さんがドンドン横切っていくところが何かすごく好き。
  • 最後の男役群舞!これ!シンプルなだけにかっこいい!音楽もかっこいい!総合的に一番格好良く見えるのが十輝さんでした。なんか、ちょっとおぼっちゃんっぽいところが好きなんだ……!
  • エトワールのりりこ様に鳥肌!すごい!

といろいろ、全体的に見所たくさんでとても楽しいショーでした。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「美しき生涯」「ルナロッサ」

Search
Feeds
Meta

Return to page top