Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 初・恋 / 智凪桜

初・恋 / 智凪桜

浅井三姉妹の次女・初は、玉の輿に乗ることを夢見ていた。そんな彼女に、名門京極家を若くして継いだ高次に会えるというチャンスが訪れる。意気揚々と京極家に向かう初だが、実は京極家は貧乏暮らしの真っ最中で……

京極家の女性陣が強烈。

前巻の茶々に続き、今度は妹の初の物語。こう今やってる大河と同じところをつかれると、大河の影がちらついて仕方がないよ!(でも、コレはコレとして楽しんだ)という読み切りでした。有名所しかしらないので、高次殿もよく存じ上げておりませんが……この高次殿はまた斬新な戦国武将ですね!(姉妹に尻にしかれまくり)

名家のイケメン!と期待に胸膨らませていったのに、なんだか覇気がなくて期待はずれであんたなんか知らないわ!というツンデレ気味の初と、妹みたいにかわいいなぁ(でも生意気)という気分だったのにいつしか初に惹かれていた高次のうれしはずかしのやりとりが面白かったです。

果たして、史実ベースにする必要はあるのか?なんて疑問も若干感じますし(史実ベースにしちゃうと、点が辛くなっちゃう部分もあるからなぁ)、政治的な方面の書き込みが弱いので高次の良さがわかったようなわからないようなで物足りない部分もありますが、クライマックス周辺は盛り上がったので、個人的には問題ないです。

img初・恋
智凪桜/くまの柚子
小学館ルルル文庫(2011.07)
bk1/amazon

Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 初・恋 / 智凪桜

Search
Feeds
Meta

Return to page top