Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]ロミオ&ジュリエット

[ミュージカル]ロミオ&ジュリエット

宝塚版じゃない「ロミオ&ジュリエット」を観てきました。
お付き合いくださった方のリクエストで、梅芸で、久しぶりに、S席っ!S席ってやっぱりすごいですねド迫力ー。そしてジュリエットのあまりにものかわいさに、動機息切れで大変でした。

基本的にはもとのミュージカルが一緒なので、宝塚版と同じだったんですが、宝塚版でははしょられていたナンバーがあって新鮮でした。ジュリエットパパのソロは、なかなか泣けます。しかし、こうなるとジュリエットママ・ロミオママ、ジュリエットパパの見せ場があるのに、ロミオパパの陰が薄(略)。

一番新鮮だったのは……、えーと、舞台が現代?携帯電話が出てくるといううわさは聞いていましたが、ネタ的なものだと思っていたら全般的に現代でした。携帯電話があったらすれ違いもないよなぁと思ってたら、箱入り娘に携帯電話は許されていなかった!というオチ。うん、箱入りだもん。
イメージ的には、だいぶ昔にあったレオ様の映画のロミジュリっぽい、そんな感じ。衣装もかなりロックというかなんというかでして、個人的には色で分けていたたからづか版の方が好きかも…ヒョウ柄は苦手(個人的に)。

ダンスやコーラスが大迫力でしたし、あの曲やらこの曲やらをまた聞けてうれしいなぁ、というのがありまして、やっぱり見に行ってよかったです。一番好きなのはOPのヴェローナの曲(曲名知らない)で、次は世界の王かなぁ。ヴェローナの曲は、大公が大層かっこいいです。というか、大公は全般にわたって大層かっこいいです。

ロミオは山崎さんの悩む青年姿が非常にはまっていました。そして、ジュリエットの昆さんがかわいくてですね!かなり小柄な方とお見受けしましたが、身長差にもきゅん。
いろいろイケメン祭だったのですが、個人的にはベンヴォーリオ君が好きですね!板挟み!素敵な親友!皆さんさすがに非常に歌が素晴らしくて、どれも聴き応えがありました。
歌以外は、「死」の存在感が非常にありました。一人だけ動きがバレエで目立つし、いつもいいところにいるし、肝心なところで空飛ぶし!いやー、フライングは予想外。アホの子なので、最後の最後の「死」の意味がよく分からなかったので、だれか解釈のヒントを…(アホの子丸出し)。

【本日のキャスト】
ロミオ:山崎育三郎 / ジュリエット昆夏美 / ティボルト:上原理生
マキューシオ:良知真次 / 死:大貫勇輔

Home > 素人の観劇日記 > [ミュージカル]ロミオ&ジュリエット

Search
Feeds
Meta

Return to page top