Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 「小さな花がひらいた」「ル・ポアゾンII~愛の媚薬~」

宝塚-花組 / 「小さな花がひらいた」「ル・ポアゾンII~愛の媚薬~」

続いて、花組さんの全国ツアーも観てきました。
(たぶん)この時期のための、ええお話やった……!

■小さな花がひらいた
江戸ものが苦手(というか、観た記憶があんまりない)だったので大丈夫かなぁと思って挑んだんですが、全く問題なかったです!誰が誰か分かりませんでしたが(それこそ、えー、らんじゅさんと、華形さんと、組長と…(遠い目))。
大きな子役さんたちが可愛すぎてもだえました。あっちゃん……反則すぎる!反則!あと丁寧語の男の子が気になりました。どなたですかねあの方……。

と、お子様周りは、最初どうだ!と思ってたんですがわりとすんなりかわいいーともだえましたが、あとはらんじゅさんです。蘭ちゃんです。この二人の「素直になれない」さがとてももだえました。家業を立て直すために気を張っている棟梁が素直に慣れないところが、これが、なんといっていいのか!(ゴロゴロ)
じゅりあ様が終始菩薩なのにも浄化されました。急に豹変したらどうしよう、とある意味どきどきしながら観てましたが、懸念が実現しなくてよかったです。

■ル・ポアゾンII~愛の媚薬~
往年の名作ショーらしいのですが、観たことがなかったので完全に初見。うおー、なんかすごいーと圧倒されながら観てました。らんじゅさんのショーはやっぱりすごいなぁ。こう、顔を手で隠して指の間から観たい、そんな恥ずかしさ。

(順番を覚えていないので、思いついた限りで順不同)
恥ずかしいところ1:白鳥の王子。
王子様だ、きらきらの王子様だ……目の錯覚じゃない、王子様だ……。

恥ずかしいところ2:男役の人がサスペンダー。
サスペンダーってさ、かっこいい人がかっこいい着こなしでかっこよくきたら大変かっこよいですね。目の保養、目の保養(ぐへへへへへ)。

恥ずかしいところ3:つれないらんじゅさんのところ。
らんじゅさんと蘭ちゃんの電話がひどい。これなんだ!(ほめてます)

恥ずかしいところ4:光と陰のらんじゅさんと華形さん
なんて素敵なマタドール!光と陰!ふたりの絡み方が非常にぼーいずらぶっぽく……いえ、こういう雰囲気ぼーいずらぶ結構好きですよ、うん。

恥ずかしいところ5:なんだか全体的に華形さん
二番手!きらきら!華形さん!

と、いろいろ素敵でした。やっぱりショーはよいものだ。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 「小さな花がひらいた」「ル・ポアゾンII~愛の媚薬~」

Search
Feeds
Meta

Return to page top