Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「仮面のロマネスク」「Apasionado!!」

宝塚-宙組 / 「仮面のロマネスク」「Apasionado!!」

中日劇場の宙組さん公演を見てまりました。
往年の名作と名高い「仮面のロマネスク」、そして博多座で大興奮した「Apasinado!!」と2つ揃ったら見に行かない理由がありません。

■ 仮面のロマネスク
いやなんかすごいですね!ビジュアル完璧。大空さんうるわしい。野々さんも完全無欠のマダム。執事最高。すみれ乃さん可憐。藤咲さんお美しい。北翔さんの実直さも素敵。ゆうみさんはえろおやじっぽい(笑)。もうどこを切り取ってもうっとり。ストーリーも手に汗握る展開の連続でもう息をつく暇もなかったです。

お話自体は、こう、ツンツン同士が抜き身のナイフでばっさばっさやりあうお話で、なんというか、「イケナイ」関係といいますか、背徳感満載のお話なので、えー、非常に苦手なタイプなんですが……これが「名作」とされる理由もよくわかります。苦手なんだけど。ビジュアルが完璧なので!もういいです!

抜き身のナイフでばっさばっさやりあいきったあとの二人っきりのダンス、この最後のシーンにこのお話はあるんだなぁと感じた、そんなお話でした。

■ Apasinado!!
思いの丈は博多座の頃にさんざん吐き出しているので、今書いてもたぶんおんなじなんですが、新しいシーンがいくつかあって、それがどれもツボをついていて素晴らしかったです。中盤のおねえさま(3名)方のシーンがとても素敵!かっこ良かったなぁ。
そして、個人的にどひゃーとやられてしまったのは、案の定新シーンの百獣の王(ゆうみさん)のシーンでした。ここ、百獣の王が客席から出てくるんですよね……わたし、ショーは運良く1階から見られたんですよね……(察してください)。

一番大好きなシーンはお花さんのところで、今回も濃かったです。ネタ抜きで一番正統派美人は凪七さんだなぁと思いました。十輝さんの猫耳にぎゃっとなりました。組長のウインクに客席がどよめいて黄色い悲鳴が上がっていました(私が見た公演、中日劇場組でない宙組の人が大挙して客席にいらっしゃったので)。

やっぱり面白いショーは何回見ても面白くて、ドキドキして、元気になるから好き!

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / 「仮面のロマネスク」「Apasionado!!」

Search
Feeds
Meta

Return to page top