Home > 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > レドラナール恋物語 蜜色の花園 / 梨沙

レドラナール恋物語 蜜色の花園 / 梨沙

レドラナールの地方貴族の娘エレナは幼い頃からの許嫁ビルに誘われて、ビルの家カーティスケが持つ夏の避暑地に友人と共に向かう。久しぶりにあう許嫁との絆を深めようとするエレナだが、当の許嫁よりも一緒に別荘に滞在する許嫁の兄が気になってしまって……

正統派の少女小説だなぁ。

レガロシリーズやアイリス文庫で活躍されている梨沙さんのコバルトデビュー作。帯に「華鬼の梨沙が紡ぐ」と書いてある割には華鬼を読んだことがありませんごめんなさい。

あらすじは上記の通りで、いい年したスレた大人なので物語のオチは25ページくらいで分かってしまうという展開でしたが、こう、オチがわかっていても「いつ気づくんだ!」「なんでみんなそんな思わせぶりなんだ」「というかお兄ちゃん、相手が勘違いしていることにさっさと気づけよ!」とかそこらへんにやきもきしながら読んでいました。このやきもきがよい少女小説でした。
揺れるヒロイン、そして不器用に気遣うおにいちゃんとそのあたりのやり取りがよいなぁ、和む。あ、でもせっかく兄弟が出てきてるのにお兄ちゃん弟的にはそれほどツボに来なかったのは心残り……。

他のシリーズでそんなに気にならなかった「ちょっとしたこと」[1]に引っかかっちゃって、そのあたりはちょっと残念かなぁ。こう、ミスティアとかもういろいろスケールでかくてそのあたりはもういっかと流せちゃうけど、こちらはわりと等身大なので気になってしまうというか。気になるといえば最後の方の「添い寝」も気になりましたが、まあ、年下のワンコ系と思えばかわいいかな、うん。

いろいろ気になりつつも、またこういう正統派少女小説話も読んでみたいです。

imgレドラナール恋物語 蜜色の花園
梨沙/カスカベアキラ
集英社コバルト文庫(2012.04)
bk1/amazon


  1. 名前(レイチェル)と「冷静」のレイの部分をかけてみたりとか。日本語にかけるのはちょっとおかしい []

Home > 作者名 や~わ行・他 | 本の感想 > レドラナール恋物語 蜜色の花園 / 梨沙

Search
Feeds
Meta

Return to page top