Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚 / ゲイル・キャリガー

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚 / ゲイル・キャリガー

人と吸血鬼や人狼が共存する19世紀のロンドン。ルーントウィル家の長女アレクシアは舞踏会を抜けだした先の図書室で、「アレクシアのことを知らない」吸血鬼に襲われるが、返り討ちにしてしまう。理を外れた謎の吸血鬼に襲われたことで、異界管理局の責任者である人狼のマコン卿の取り調べを受けることになったアレクシアだが、続いて謎の人物にも襲撃され……

面白かった~!

19世紀のヴィクトリア時代のロンドン、ヒロインは口も達者で色々と強すぎる元気な女性、吸血鬼に人狼、そして発展の兆しを見せる科学が合わさったスチームパンク、更にニヤニヤできるラブコメもあるよ!ということでこれだけ並べられて面白く無いはずがないと思い手にとってみました。そして、面白かったです。いろいろごちそうさま!

あの時代の常識から言うと、嫁き遅れの最先端を走るアレクシアの気の強いアレコレが非常に楽しかったです。あらすじをよく読んでなかったので何故かアレクシアはカヴァネスだと思い込んでいたんですが、いいところのお嬢さんでしたね……。理路整然と周りの殿方をやり込めてしまうところが素敵でした。対する人狼のマコン卿は、まぎれもなく狼でした。腹を出せばいいのか!というあの一言に大受けでした。ですよねー、狼ですもんねぇ。アレクシアとマコン卿のやりとりがいちいち面白く、非常にニヤニヤしたのも確かなのですが、あんたらちょっと時と場合を考えろ的な野暮なツッコミを(笑)。何回かレーベル見なおしてしまったわ(早川じゃなくてハーレさんじゃなかったけ?的な)。

謎の吸血鬼失踪事件に巻き込まれるアレクシア。アレクシアと懇意の吸血鬼にまで及ぶ魔の手は……と、事件の真相のあたりもすごく興味深くて面白かったです。一番好きなシーンは、アレクシアとアケルマダ卿のラスト近くのやりとり、かな。(博識で頼りになるとはいえ)言動が若干面白いアケルマダ卿のシリアスさに感慨深いものがありました。これは、ギャップもえ……!

続きも楽しみです。

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う
ゲイル・ギャリガー/川野靖子(訳)
早川書房(2011.04)
amazon/honto

Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚 / ゲイル・キャリガー

Search
Feeds
Meta

Return to page top