Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 妖精姫の花嫁修業 / 月本ナシオ

妖精姫の花嫁修業 / 月本ナシオ

妖精の国で育てられたラシェル王家のフィリアナは、人間界に帰ると家族ができると言われて妖精界から人間界に帰ってきた。そこで彼女を待っていたのは、地方貴族の青年伯爵ライル。ライルは妖精王との約束で、現王室の第一王子の花嫁の後見人になるために、フィリアナを徹底的な花嫁教育を施すというのだが……

俗物すぎるユニコーンが!(笑った)

妖精国で育てられ、時を超えて人間界に戻ってきたフィリアナと、王室に食い込むためにフィリアナに全てをたくそうとフィリアナに貴婦人教育を施すライルの「妖精姫のマイ・フェア・レディ物語」。もうこれ、最初から最後の展開読めるんですが(だって!少女小説!)、その最後にたどり着くまでがいいんですよね。マイ・フェア・レディはよいものだ。たとえ、原作のミュージカルは最後に教授が捨てられる話であっても……。

フィリアナとライルの距離が徐々に近くなっていくところなんかは王道ながらもよいものですし、王子さまもいろいろ素敵でこれはよい少女小説でした。そして、一人で笑いパートを担う、ユニコーンのリースの「乙女・命!」のいろいろも楽しかったです。新しいユニコーン像だ(笑)。

妖精姫の花嫁修業
月本ナシオ/かる
一迅社アイリス文庫(2012.09)
amazon/honto

Home > 作者名 た行 | 本の感想 > 妖精姫の花嫁修業 / 月本ナシオ

Search
Feeds
Meta

Return to page top