Home > 作者名 ま行 | 本の感想 > 我が呼ぶ声を聞いて 幻獣降臨譚 / 本宮ことは

我が呼ぶ声を聞いて 幻獣降臨譚 / 本宮ことは

アランダム島での『虚無の果て』の蜂起をなんとか収めたアリアとシェナンは、『虚無の果て』の最後の最高司祭がいるという王都に向かう。王都にたどり着いてすぐに国王崩御の噂を聞いた二人は、真偽を確かめるために春陽家の力を借りて王宮に乗り込み、事件の黒幕とまみえることとなるが……

大団円、の最終巻でした。

シリーズ19巻目の最終巻。わりとトントンと刊行が続いていた中、最終巻まで2年くらい開いてしまったのでどんな話だったかなぁと自分の感想を読み返してからのチャレンジとなりました。本巻は全体を通して随分駆け足だなぁという印象が強かったのですが、その駆け足の中でフォローするところはだいたいフォローした大団円だったように思います。いろいろ、わりと、あっさりだった……のでもう倍くらいページがあればと思ったところがいくつか、です。王子の決意やアリアに信じてくれといったあのシーン、様式美的な展開ではあるのですが大好物なのでとても燃えました。幻獣や精霊との関係そっちで決着か……と少々寂しくなりつつも、でもアリアが今まで歩んできた道を考えれば納得の行くものでした。

そんな駆け足の展開の中、アリアと王子の読んでるこっちが赤面するわ!というやり取りの数々に、この二人ってここまで赤面する関係だったかと悩んでしまいました(なんせ読み返してから読んでないブランク2年の読者……)。いやこういうの大好きなのでいいんですけどね!
何はともあれ、大作シリーズの完結おめでとうございます。また、ワクワクできるお話を読みたいなぁと思いつつ……。

我が呼ぶ声を聞いて 幻獣降臨譚
本宮ことは/池上紗京
講談社ホワイトハートX文庫(2012.12)
amazon/honto

Comments (Close):2

まつもとかなめ 12-12-24 (月) 21:05

お久しぶりです。
このシリーズ最終巻、刊行予定に出ては消え……を繰り返し、やがて刊行予定に出なくなって「これは打ちきりかな」と正直思っていたので、読むことができて嬉しいです。
アリアの成長がすばらしいシリーズでした。最終巻の王道な展開もこれまた良しという感じです。
次は最近出てない「聖鐘の乙女」の続きが読みたいところ……。

さり 12-12-25 (火) 21:41

お久しぶりですー。

確かに出たり消えたりで悶々、でしたねぇ。最後の一冊だしそのうちでるかなぁと思って楽観視はしていましたが(笑)。
最近少女小説ではあんまり見かけない壮大なファンタジーでよかったですよねぇ。アリアたちの凛々しさがとても素敵でした。

さて、すっかり刊行スピード落ちちゃったのでなんとも、ですが、聖鐘の続きも早く読みたいです。どうなるのかなぁ!

Home > 作者名 ま行 | 本の感想 > 我が呼ぶ声を聞いて 幻獣降臨譚 / 本宮ことは

Search
Feeds
Meta

Return to page top