Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / 南太平洋

宝塚-星組 / 南太平洋

見に行く予定はなかったのですが、何故かチケットを手配して見てきてしまいました(しかも千秋楽に)の星組さんの南太平洋、面白かったです。

轟理事が特出で主役をはっておられた本作、同じく専科の英真さんが出られることと、真風さんがかっこいいこと以外には「娘役さんの水着が眼福」「海兵隊の彼女欲しいソングが必見」くらいしか知らずに見に行ったのですが、見どころはもちろんその他のところも色々楽しめました。

一番すごいなぁ、と思ったのが、ヒロイン・ネリー役の妃海さん。まだまだお若い方で私お名前も覚えてなかったわ!(通常営業です)という状況だったのですが、本当に可愛らしく元気で機転の効くヒロインがお似合いで、お芝居も歌もお上手で、若さを感じなかったのです(いや、お話上も理事とは歳の差カップル(たぶん)なので、そのあたりの年齢差はもちろん感じましたが)。理事と組まれても全然違和感がなくて、なんだかいろいろすごいなぁ、と。
もちろん主役の轟さんも麗しくて。本当にこの人女の人なんだろうか……と思わずにはいられません。男でもなく女でもなく、性別:理事でいいんじゃないかとかそんな気もしておりました。
そしてもう一人のヒーロー真風さんもかっこよかったー!それ、美人局じゃないだろうなぁ……とかちょっと心配になったのですが、ちゃんと純愛でよかったです、本当に、良かったです。たとえ職人のように主要なフラグをすべて立てているような登場人物であったとしても……。リアットを見守る瞳が優しかったので、よいのです。リアットはリアットで舌足らずな「ちゅーい」が可愛いですねぇ。言葉が通じないためセリフは殆ど無いですが、動作の一つ一つが可愛らしくて卑怯だと思いました(笑)。

怪演、とまではいかないのですが、これまたすごいなぁと思ったのは英真元組長で。最初は英真さんが女性役をやるとは知らなくて、なんか妙に迫力のある娘役さんが……あれは男役だなと思ったら英真さんだったという(予習してない)。あの妙なオシの強さが私に美人局説を半ば本気で信じさせてしまったのですが、面白かったです。そんな中、面白かったのはルーサー二等兵でして。美味しいところ全部かっさらっていった熱演がすごかったです。

娘役さんが水着祭りなのが意味分からない(元のミュージカルがそうだからだろうか?)けど眼福だったのでよいものをみたし、序盤の海兵さんたちのコーラスは見応えがあって面白かったしと、観に行けてよかったなぁと思う公演でした。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / 南太平洋

Search
Feeds
Meta

Return to page top