Home > お気に入り | 作者名 さ行 | 本の感想 > リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙 / 白川紺子

リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙 / 白川紺子

マーチ伯爵家の跡継ぎのクレアは、伯爵家に代々伝わるジュエル「レディ・アン・ジュエル」の呪いを解くために、ロンドンで骨董品店を開業し、とある宝石を探しだそうとする。そんな彼女の前に現れたのは、最近巷で噂の王室御用達の宝石店の若きオーナー・ジェレミー。彼が手に入れたという「呪いの宝石」が偽物かどうか鑑定してほしいというジェレミーの依頼に、クレアは応じるがこの宝石にまつわるトラブルに巻き込まれていく。

お兄ちゃんはいいものですね。

この本で2冊目の新人さんの物語、気になってはいたのですがタイミングを逃しまくっておりようやく読むことが出来ました、19世紀のイングランドはロンドンを舞台にした、骨董商を始めた良家の世間知らずなお嬢さまと、世慣れした女の子の扱いの上手いやり手の宝石商の伯爵家の三男坊の、きっとこれはニヤニヤせざるをえまい!という展開になるのは目に見てている、不思議な宝石にまつわる「不思議要素のある」物語。うん、これは好みだわ(今更)。特にドレスその他の描写がわりと詳しくて、微に入り細に入りで誰得……!(いやここがいいんです)

アンティークジュエリーの「声」を聞くことができ、その特技を活かして伯爵家伝来の宝石にまつわる呪いを解こうと奮闘するクレアをツンデレちっくに見守るお兄ちゃんが良いものでした。心配なのに心配って素直にいえないところがいいですねぇ……当人たち以外からしてみれば、まるわかりなのもそれはそれで、いいものです。
一方のこの物語のヒーローポジションのジェレミーは、とらえどころがないもののだんだんとクレアに本気になりそうで、そしてなったらなったですごい攻防になりそうだなぁ、と。ヤンデレの気質があるように思いますが、果たして。

マーチ伯爵家の因縁に、なにやらちょっと怪しすぎる魔術師団体など話は広がっていきそうなので続きも読んでいきたいです。デビュー作も19世紀ロンドンものらしいので、こっちも読んでみようかなぁ。

リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙
白川紺子/宵マチ
集英社コバルト文庫(2013.05)
amazon/honto

Home > お気に入り | 作者名 さ行 | 本の感想 > リリー骨董店の白雪姫 ラプンツェル・ダイヤモンドの涙 / 白川紺子

Search
Feeds
Meta

Return to page top