Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > 茅田砂胡全仕事1993-2013 / 茅田砂胡

茅田砂胡全仕事1993-2013 / 茅田砂胡

豪華客船にトラブルが生じ、乗船している乗客を脱出させたリィだが、全員脱出したはずの客船にここにいるはずのない人物・ウォルを見つける。ウォルと再開したリィはしばしウォルと過ごした後、ルゥの力でウォルを送り返すが、送ったついでにつながった「リィが去ってから十年後のデルフィニア」の世界を覗いたリィはデルフィニアが危機にさらされていることを知り、デルフィニアに向かうことを決意する。【紅蓮の夢】

あの人達ふたたび!の大満足な書き下ろしでした。

茅田さんのCノベルズ作品第一弾発行からの20年の作品をまとめたという、702ページに渡る特別本。描き下ろしがとにかく豪華で(デル戦のその後の物語「紅蓮の夢」は374ページあって……って、普通の新書より多いじゃないですかこれ)、読めて良かった!という一冊でした。最近のリィたちの物語は不義理をしておりますが、最近のものを読んでなくてもあんまり問題のない構成になっていました。

デル戦は大好きな作品なのではあるものの、最後のオチの付け方がイマイチ腑に落ちなくてなぁ、というところがあったのですが。この書下ろしを読むと、あのラストがあればこそのこの展開で!ありがとうあのラストで!この書下ろしが読めて、みんながあのままのノリなのを読めて!王様が尻に敷かれているのをまた読めて!リィさま無双なのがまた読めて!幸せでございました。みんながワイワイしてるところなんか本当に楽しかったなぁ。回れ右とか、抱擁を!とか。あの頃の感動が蘇ります。一部誰だっけこの人?というのがありましたので(読んでるうちになんとなく思い出しましたが)、できれば全部再読してから読めばよかったのですがいまから19冊は、つらい(笑)。

その他、描き下ろしのマンガに桐原家、もものき、レディーガンナーの書き下ろしなど。桐原家も久しぶりに読んでみたくなったので、これは巻数も少ないし狙い所!と思って本棚をひっくり返す算段を立てています。

茅田砂胡全仕事1993-2013
茅田砂胡
C-Novels Fantasia(2013.11)
amazon/honto

Home > お気に入り | 作者名 か行 | 本の感想 > 茅田砂胡全仕事1993-2013 / 茅田砂胡

Search
Feeds
Meta

Return to page top