Home > お気に入り | 作者名 あ行 | 本の感想 > 神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら / 石和仙衣

神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら / 石和仙衣

神が一時休む地・徒野の巫女の雪荷は、最高神・伊宇夜に見初められ、伊宇夜神の巫女として神殿に向かうことになる。しかし、神殿に向かう道中に襲われ、隠れ里の神への生贄として売られてしまう雪荷は絶体絶命のところを炬と名乗る若神に救われる。成り行き上、炬は隠れ里の新たな土地神となり、雪荷は里の巫女として里を豊かにすることを決意する。

古事記をベースにした神と人の恋物語、面白かったです。

この人の本をなんで読んでなかったんだ!と思った程度にチェック漏れしていた石和さんの最近の作品を読みました。これ1冊で決着はついていますが、シリーズ化している模様です(ということで続きも読まないと)。
神に愛された巫女の雪荷と、彼女をめぐるふたりの男神の物語。伊宇夜さまはなんかちょっとうさんくさいなぁと思っていたら、途中から見事に伊宇夜さまルートから外れていって、あ、私の感覚まだ狂ってない、と妙なところで感心してしまいました。で、大本命な炬様ですが、この人もなんか思ってた人と違った!ちょっとかわいいんですけどなにこれ!と妙なところでときめいてしまいました。炬と雪荷とふたりで村の開拓に取り組んでいくところなんかは、派手さはないもののすごくドキドキして楽しかったなぁ。ああやって一歩ずつ着実に「よくなる」ところと、そしてふたりの距離がだんだん縮まっていくのは読んでいて幸せ気分になるので好きです。

そして穏やかな村での生活から一転してのクライマックス、いろいろと驚きの展開でなんだと!一気に読んでしまいました。確かに言われてみればそうだなぁと納得ですが、しかし、なかなか。そして最後の「まとめかた」は神様らしいというか、それって反則というかある意味勝ち逃げ!という気がしなくもく、物悲しいはずなのに素敵な結末で、よい物語でした。

神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら
石和仙衣/絵歩
講談社X文庫ホワイトハート(2014.05)
amazon/honto/BOOKWALKER

Home > お気に入り | 作者名 あ行 | 本の感想 > 神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら / 石和仙衣

Search
Feeds
Meta

Return to page top